生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 家族と一緒のゴールデンウィークを有意義に過ごす方法

家族と一緒のゴールデンウィークを有意義に過ごす方法

2013年01月29日作成

 views

はじめに

ゴールデンウィークは、5月という気候の良い季節にある大型連休なので、家でじっとなんてしていられませんよね。

著者は、夫と子供3人の5人家族なのですが、毎年ゴールデンウィークは予定で全て埋めてしまいます。

そんな、じっとしていられない性格の著者の、ゴールデンウィークを家族と有意義に過ごす方法を紹介したいと思います。

ゴールデンウィークの有意義な過ごし方

1日目は夫婦の日

家族で楽しい時間を過ごすことは、とても大切なことですが、夫婦2人の時間も同じくらい大切です。

普段は子供ばかりに目がいってしまい、夫をないがしろにしてしまったり、夫婦の会話が知らず知らずのうちに減ってしまっていてはいけないので、ゴールデンウィークの初日、5月3日は、夫婦の日として過ごします。

著者の場合は、この5月3日は結婚記念日でもありますので、ますます夫婦の関係を大切にしたいと思える日です。子供たちは著者か夫、どちらかの実家に預けて、思い出のデートスポットに2人でデートに出かけます。

映画を見たり、おしゃれな食事を楽しんだり、恋人同士に戻った気分が楽しめますよ。

2日目は家族の日

ゴールデンウィーク2日目は、家族みんなで過ごす時間を大切にしたい日です。子供がいると、テーマパークなどに出かける方も多いかと思いますが、大型連休中は道路が混雑しやすいので、著者は遠出はしません。

まだ子供が小さいので、できるだけ子供に負担がかからないお出かけ先を選びます。

5月の暖かい気候を満喫するため、朝早起きしてお弁当を作り、近所の公園に遊びに行きます。自然の中で過ごす家族一緒の1日は、ストレス発散になり、家族の絆が深まりますよ。

人ごみに出かけるよりも自然の中に出かけたほうが、子供がのびのびと遊んでくれます。

3日目は子供の日

ゴールデンウィーク3日目、5月5日は、その名の通り、子供の日です。この日は、端午の節句でもありますので、長男の兜を飾った和室で、夫の両親や甥っ子・姪っ子など近い身内だけで節句のお祝いをします。

ちょっとしたご馳走や、柏餅・ちまきを食べながら、親しい身内で過ごす子供の日は、大人にとっても楽しい1日になります。

子供たちは、たまに会う甥っ子・姪っ子と楽しそうに遊んでいます。

おわりに

著者がゴールデンウィークを有意義に過ごすために気を付けていることは、「子供のため」とか、「子供を楽しませたい」と思い過ぎないことです。

パパやママが楽しければ、子供たちにも楽しい気持ちや幸せな気持ちが伝染します。それに、子供は遊びの達人ですから、無理に面白いことをしようとしなくても、自分で遊びを発見してくれるものです。

家族一緒にゴールデンウィークを楽しむ1番の方法は、自分が楽しめることを考えることです。1人でもイライラしている家族がいると、家族全員が心から楽しむことなんてできませんよね。

ストレスになるような遠出は控えて、自然とたわむれたり、地元を満喫するゴールデンウィークも、なかなか良いものですよ。

(photo by 足成)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130128132426 5105fd7ad18c1

本記事は、2013年01月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る