生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 一人暮らしの休日の過ごし方

一人暮らしの休日の過ごし方

2016年05月11日更新

 views

お気に入り

はじめに

著者は18歳から一人暮らしをしました。最初はずっと1日中寝ていたのですが、それでは時間がもったいなく感じ有意義に過ごせるように工夫をしました。そこでこの記事では著者の1人暮らしの時の休日の過ごし方をご紹介します。

1人暮らしの有意義な休日の過ごし方

STEP1:朝は家事

朝は眠いと言ってずっと寝ているのはNGです。だらだらな1日を過ごすきっかけになってしまいます。朝8時には起き、家で1番しなければいけないことや1番やりたくないこと(嫌なこと)をしましょう

著者にとっては1番しなければ行けないことは家事だったので家事をしました。洗濯、掃除(雑巾拭きなど)とやりたくないことを頑張ってやりました。

朝洗濯をすれば夜には乾くし、朝窓を開けていると空気が気持ちよく、その時に掃除をすればホコリも一緒に外に出て行ってくれます。朝に嫌なことをすれば、昼以降気分が楽です。逆に昼以降に嫌なことがあれば

「あーあれしなきゃいけない・・・。いやだな・・・」

と感じ、憂鬱な一日を過ごしてしまいます。

母が自分のためにやってきてくれたことを朝を使ってやりました。

STEP2:昼は自分の時間

家事が終わり一段落したら自分の時間を過ごします。お昼はパスタなど簡単なものにして、

  • 自転車で街へ出かけてウインドウショッピングしたり
  • 図書館でゆっくりしたり
  • 勉強をしたり
  • 映画を見たり

毎週違うことをして過ごしていました。毎週同じことをしたら飽きてしまいます。毎週違うことをすると楽しかったです。

1日の休日のお小遣いを2000円以下と決め、美味しいデザートを食べたり・洋服を購入したり、女子生活を楽しんだりもしました。

STEP3:夜は友人と過ごす

夜は同じく1人暮らしの友人を招いて、1人暮らし4人ぐらいでご飯を食べました。その日のメインを決めて、1人ずつ材料を持ってきます(焼きそばなら、野菜・肉・麺・飲料)。そして、料理のできないメンバーが一緒に作って食べます。みんなで料理を作るとキャンプみたいで楽しいです。

1人暮らしだと自由な時間はできていいけど、ご飯を1人で食べるとあまり美味しくないです。みんなでワイワイいいながら食べると笑顔になれてご飯が美味しく感じます。

一人暮らしの休日の過ごし方でお勧めなこと

実家暮らしの場合、指示を出してくれる人がいたので何かとちゃんと過ごせていましたが、1人暮らしだと指示を出してくれる人なんていません。自分でスケジュールを作らないと有意義に過ごせません。

分単位で決めたらしなければならないとストレスが溜まってしまうので、朝・昼・夜と大雑把にスケジュールを決めると気楽で過ごせます。

おわりに

昼は自分の時間なのでその時間に自分の趣味が見つかるかもしれません。著者も映画や読書などの趣味が見つかりました。自分の趣味を見つけると思って時間を過ごしても楽しいです。

(photo by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130128080727 5105b32f0f81d

本記事は、2016年05月11日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る