生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon family家族・人間関係

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 自分の事ばかり話したがる人との上手な付き合い方

自分の事ばかり話したがる人との上手な付き合い方

2010年10月25日作成

 views

はじめに

親しい人といろいろな会話をするのは、楽しいし、お互いを理解するうえでもとても大切なことですよね。

でも会話の相手が、自分が知りたいことがある時だけは、他人のことを聞いてくるけれど、あとは自分の愚痴とか自慢話とかばかりの人だったら、相手を理解するどころではありません。

相手が自分の事ばかり話したがる人の場合は、会話を楽しむ事よりこの場をどう切り抜けるかばかり考えて、会話を楽しむどころではありませんよね。

始めは一生懸命聞いているけれど、だんだんうんざりしてきちゃいますよね。しかし、「話さないようにする」ということがができない相手の場合、話しに付き合わなければなりません。

では、そのような相手とはどう付き合えば良いのでしょうか。

ポイント

お互いに理解しあって、認め合う事ということを目指すのが理想ですが、こういう相手の場合とても難しい事だと思うので、「こういう人だ。仕方ない」と諦めて付き合うしかありません。

その1

まず、自分が我慢できる範囲で適当に相槌を打って、相手に気持ちよく話させおきます。

話を聞くのに我慢ができなくなったら、勇気を出して自分はこの状況が耐えられないという態度をして相手に気持ちを伝えるようにします。

その2

相手に自分の気持ちが伝わらなければ、相手の話をそらし自分が話しまくります。

話しをどんどん逸らし自分のペースにします。それができなければ、予定を思い出したとか言って席を外します。

その3

1.2もできない場合は、適当に「へー」「そーなんだー」「ふーん」と気のない返事を適当にしてその場を乗り切ります。

おわりに

どのやり方も親しい間柄では良くないやり方ですが、余り親しくはないけれど付き合わなければならない場合であれば大丈夫でしょう。

相手と適当に距離を置いて、自分が我慢できる範囲の我慢はしなければならないのは仕方ないのかもしれません。

本記事は、2010年10月25日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る