生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 忙しい方に!自炊をしないで、一人暮らしで食費を節約する方法

忙しい方に!自炊をしないで、一人暮らしで食費を節約する方法

2013年01月29日作成

 views

なるだけ簡単に食費を節約するために、無理せずそして自炊をせずに、お弁当だけで食費を節約する方法を紹介します。

自炊を行なうほうがはるかに食費は節約できるものの、忙しい方には有効活用できます。

目次

お弁当で食費を節約するための方法

お弁当だけで食費を減らす方法は、半額まで値下がりをしたおつとめ品のお弁当を大量購入して、それを冷凍保存するのみです。

冷凍保存したお弁当は、約1カ月持ちます。購入して帰宅後に、すぐに冷凍庫に入れます。または、お米だけを炊き、半額近くまで値下がりをしたお惣菜、またはレトルト食品等を一緒に食べます。

レトルト食品は、賞味期限が切れるまで長い為、めったにおつとめ品となりません。

店の選び方・買い物の頻度、時間帯

お店は、以下のようなお店を選びます。

  • スーパーマーケット
  • デパ地下
  • ディスカウントスーパー
  • 24時間営業ではない、コンビニエンスストア
  • 個人営業のお弁当屋さん(出来立てを提供しないお店)
  • ローソンストア100

買い物の頻度

買い物の頻度は自由ですが、忙しい方は、土日にまとめて購入しても良いですし、お仕事の帰りにデパ地下に寄り、半額になったお弁当を購入することがおすすめです。

ただし、目安として定価300円以下のお弁当であれば、2割引きあたり(240円)から、目をつけても構いません。
[nanapi:57541]

買い物をする時間帯

とても重要で、この時間帯を逃すと、半額、またはそれに近いおつとめ品を狙うことができません。最大限割引されたおつとめ品の出やすい主な時間帯のパターン例です。

  • スーパーマーケット:午後3時~午後8時
  • 24時間スーパーマーケット:午後8時~深夜2時
  • デパ地下:午後7時~閉店
  • 24時間ではないコンビニエンスストア:午後5時、または午後6時~閉店
  • 個人営業のお弁当屋さん:同上
  • ローソンストア100:午後4時~ (2割引止まりです)

食材の選び方のポイント

調理加工済のものを選ぶ

お弁当は、なるだけ生の素材が入っていないお弁当を選びます。生野菜を冷凍して、解凍すると、あまり食感が良くありません。

宅配弁当を利用する

平日ランチタイムであれば、出前館(デリバリー総合サイト)にある、お届けガストが、1食あたり300円~390円から出前のお弁当を提供しています(配達は、1件のご注文が消費税を含め1500円以上)。

他にも、送料がかかるもののイオンネットスーパーでは、TOPVALUEのお弁当が、298円より、西友ネットスーパーでも298円のお弁当から揃えていますので、一度にたくさん頼んで、冷凍を行ないます。

[nanapi:69788]

実際にどれくらいの食費で過ごすことが可能か

食費は、標準的なお弁当の価格から、どれぐらい節約できたかを、毎日家計簿に記載をします。筆者は、自炊も行っていますので、シミュレーション上ですが、1カ月あたり、以下のような食費が考えられます。

月曜日

  • 朝:菓子パン(98円)+スーパーのマカロニサラダのおつとめ(200円→100円)
  • 昼:外食(1000円)
  • 夕:スーパーのおつとめ弁当(398円→199円)

火曜日

  • 朝:菓子パン(98円)+スーパーのマカロニサラダのおつとめ(200円→100円)
  • 昼:ラーメン(800円)
  • 夕:スーパーのおつとめ弁当(398円→199円)

水曜日

  • 朝:菓子パン(98円)+スーパーのマカロニサラダのおつとめ(200円→100円)
  • 昼:牛丼(400円)
  • 夕:スーパーのおつとめ弁当(398円→199円)

木曜日

  • 朝:菓子パン(98円)+スーパーのローストビーフのおつとめ(298円→149円)
  • 昼:牛丼(400円)
  • 夕:デパ地下のおつとめ弁当(798円→399円)

金曜日

  • 朝:菓子パン(98円)+スーパーのローストビーフのおつとめ(298円→149円)
  • 昼:お届けガスト(398円、届けたてを食べる)
  • 夕:デパ地下のおつとめ弁当(1250円→625円)

土曜日

  • 朝:菓子パン(98円)+スーパーのごぼうサラダのおつとめ(200円→100円)
  • 昼:お届けガスト(398円)
  • 夕:お届けガスト(398円)

日曜日

  • 朝:菓子パン(98円)+スーパーのごぼうサラダのおつとめ(200円→100円)
  • 昼:お届けガスト(398円)
  • 夕:お届けガスト(398円)

<1週間合計>

  • 定価:10114円(1カ月あたり約4万5000円)
  • 節約後:7597円(1カ月あたり約33000円)

その他、この方法で食費を節約するための注意

この方法は、あまりおいしく食べることは残念ながらできません。理由は、ごはんを一度冷凍すると、解凍した時に、多少、または大きくパサパサ感が感じられることがあるためです。

しかし、おかずの多くは冷凍しても、解凍後きちんと温めれば、ほとんど元のように食べることができますので、忙しい方、面倒な方には有効な手段になります。

おわりに

実際の所、朝食の菓子パン等も、おつとめ品にすることによって、更に安く上げることができるかもしれません。

しかし、おつとめ品になる菓子パンは毎日異なる場合が多いので、バラエティーに富むものの、好みがわかれてしまうかもしれません。

少し考えれば、一切自炊をしなくても、このように節約できるのでぜひ参考にしてみてください。

(photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130127155021 5104ce2d64e08
  • 20130127160008 5104d078215e1
  • 20130127155638 5104cfa6a6c9b
  • 20130127155808 5104d000d517f

本記事は、2013年01月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る