生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 家事中心の一人暮らしの休日の過ごし方

家事中心の一人暮らしの休日の過ごし方

2013年01月29日更新

 views

お気に入り

はじめに

日ごろ忙しい社会人の一人暮らしの休日の過ごし方についてご紹介したいと思います。

休日ぐらいのんびりしたい、どこかに遊びに行きたい・・・わけですが、家事をこなす必要がありますし、休日にやっておけば平日が楽になります。というわけで家事中心な休日の過ごし方をご紹介します。

オススメの過ごし方

1:まずは洗濯から

全自動であるならば洗濯機に放り込んでまわすだけです。まずここからスタート。

洗濯は自宅の洗濯機で。乾燥は近所のコインランドリーで。といった方法もあります。乾燥だけなら20分100円ぐらいが相場でしょうか。200円で40分もまわせばで乾くのでこの方法もお勧めです。

2:洗濯機がまわってる間に布団を干しましょう

休日にしかできないことですから、優先順位は高いです。

3:作りおき用のご飯を作りましょう

お米を炊いて、炊き上がったご飯を冷まし、一食分ずつラップにくるんで冷凍庫へ。これだけで平日がかなりラクになります。お米をといで、炊飯器のスイッチをポンです。

4:洗濯機がまわってる、ご飯を炊いてる間にお掃除を

布団が干されているわけです。ベッドの方はベッドの上。万年床の方は床。押入れから出し入れされてる方は押入れがあいてますよね。さくさくとお掃除してしまいましょう。

5:お掃除が終わったら

洗い終わった洗濯物を干して、炊き上がったご飯の処理をしましょう。さくさくとこなしていけば、楽々午前中に終わりますよ。

おすすめの理由

効率的に家事をこなせば短時間で終わります。午前中で済ませてしまえば午後が自由に使えますよね。ですから、大事なことはあまり寝坊をしないこと。そしてすばやく行動していくことです。

その他、一人暮らしの休日の過ごし方で注意すべきこと

気ままな一人暮らし、平日の疲れが溜まっている時などはとにかく寝ていたい時ってありますよね。ついつい寝坊して、そのまま一日のんびりボーっとテレビを見たり、なんて休日もあるかと思います。

体力は回復した感じになりますし、休んだ実感もあるのですが、逆に夜が眠れなくなって翌日の朝がつらくなって・・・ですとか、「あーぁ、せっかくの休日なのに何もしなかったな・・・」とマイナスに感じてしまう場合もありますよね。

そういった後悔をしないためにも、計画的に休日を過ごされるのがよろしいかと思います。

おわりに

休日に家事を頑張れば平日が楽になりますし、快適に過ごせますよね。とはいえ、家事はめんどくさいのも事実。「めんどくさいなぁ、たまの休みなのになぁ」と思ってしまったりもします。

そんな時は「どんどんお部屋がきれいになって快適になっていくなー、ご飯も今作っておくと一週間楽なんだよなー」と前向きに考えて乗り切りましょう。

(photo by pakutaso)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130128052345 51058cd1f3703

本記事は、2013年01月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る