生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. リラックスも大事!音痴でもカラオケをうまく歌うコツ

リラックスも大事!音痴でもカラオケをうまく歌うコツ

2013年10月30日更新

 views

お気に入り

はじめに

音痴だからカラオケに行くのがちょっと恥ずかしいという人もいると思います。著者の場合は、歌う事は好きですが、音痴なので、あまり親しくない人と行くカラオケは、乗り気がしません。

そんな著者が、発見した音痴でもカラオケをうまく歌うコツをご紹介します。

カラオケをうまく歌うコツ

1.マイクの持ち方

マイクの丸い部分を握っている人を時々見かけますが、そこを握ってしまうと、音がこもってしまって余計、歌が下手に聞こえてしまいます。

マイクは棒のところを握り、口から少し話して歌うと、音をしっかり拾ってくれます。

マイクを正しく持つと、音を綺麗に拾ってくれます。

2.音域の狭い曲を選ぶ

曲選びはとても大切です。音域の広い曲は、かなり難易度が高いので、音域の狭い、歌いやすい曲を選びましょう。例えば、モーニング娘のラブレボリューションなどは、音域も狭いうえに、勢いやノリでごまかせます。

また、Kiroroの未来へなども歌いやすいです。音域も狭く、同じようなテンポが続くので、音がずれる心配が少ないです。

音域がせまくて、盛り上がる曲はごまかしがきく
音域もせまく、リズムも一定だと歌いやすい

3.感情を込めすぎない

感情をこめすぎると、音を無視して気持ちを優先にしてしまいがちです。そういう人を見たことがありませんか?著者は、何度かそういう人を見てきて、感情のこめすぎは、危険だと思いました。

感情よりも、音程を気にしよう

どれぐらいうまくなるのか

音痴な人が、急に歌手のように上手になるわけではありませんが、以上のことを気をつけるとまわりに、音痴と気づかれずにすみます。コツをつかむと、歌うまくなったねと言われることもあります。

その他注意点

カラオケは、うまく歌おうと力んでしまうと、余計失敗しがちだと思います。別に歌手ではないので、そんなに上手に歌おうとはせずに、リラックスして歌ったほうが、結果的に上手く歌えると思います。

力まずにリラックスして歌いましょう

おわりに

いかがでしたか?

カラオケにちょっと自信の無い人は、ぜひ、試してみてください。

(photo by 足成

この記事で使われている画像一覧

  • 20130126093058 510323c2aca53

本記事は、2013年10月30日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る