生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7.  
  8. ハンガーは2本使い!トレーナー・スウェット類を洗濯して早く乾かす方法

ハンガーは2本使い!トレーナー・スウェット類を洗濯して早く乾かす方法

2013年01月28日作成

 views

洗濯機を使えば、とても簡単に洗濯をすることができ時短できます。

しかし、厚手のもの、素材によっては乾かす時間が長くかかるものもありますね。しかし、ちょっとした工夫で乾きが早くなるのをご存知ですか?

そこで、今回はトレーナー・スウェット類を洗濯して早く乾かす方法をご紹介します。

洗い方の具体的な手順

STEP1:スウェットを裏返す

スウェットを裏返しておきます。この時に乾きにくそうなポケット裏などを確認しておきましょう。

STEP2:ネットに入れファスナーをしっかり締める

せっかく入れたスウェットが出てきてしまったり、他の洗濯物と絡んだりすると毛玉の原因となりますので、しっかりとファスナーを締めましょう。

スウェットがファスナーに挟まらないよう気をつけましょう。

STEP3:洗濯機に入れる

水をはる前に、洗濯ネットごと洗濯機に入れます。

普通コースでももちろん洗えますが、時間があれば、おすすめは手洗いコースです。優しい弱水流で洗うことで、衣類の擦れも少なく毛玉ができにくいと思います。

手洗いコースで洗う場合は、普段使っている洗剤や柔軟剤とは別に、手洗いコース、ドライコース用の洗剤を使用しましょう。ふんわりと仕上がりが良くなります。

STEP4:スウェットを干す

写真のように、ハンガーにかけて干します。

ポケットや裏地が付いている場合は裏返しのまま、特に付いていない場合は表にして干します。

裏にポケットの袋が付いていたり、裏地が付いている場合は乾きにくくなりますので、裏返しにして干すか、ファスナーを締めず、内側にも風が通るように干しましょう。

STEP5:スウェットのフード部分にも風通しを

乾きにくい場所として挙げられるのは、ポケット裏に加えフード部分です。

フードをもう1本のハンガーで持ち上げて、風通しを良くしましょう。

気をつけるべきこと

やはり上記にも書きましたが、乾きにくい場所の風通しを良くしてあげることが早く乾くコツです。

また、ジッパーを完全に閉めて乾かすと内側が乾きにくくなりますので、こちらも風通しを意識して干してみましょう。

ハンガー2本使いをすると、空間が自然に開き上手に乾かせます。

おわりに

いかがでしたでしょうか?

少し面倒ですが、ハンガー2本使いなどの工夫をするだけで乾きの早さが全く違うものです。

大切な衣類を守るためにも、上手に洗濯、干したいものですね。

(photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130127120720 510499e81aee8
  • 20130127121019 51049a9b7fbad
  • 20130118221912 50f94bd0d62e3
  • 20130125170733 51023d45ab977
  • 20130127120543 510499879ee39
  • 20130127120553 510499918ee3c

本記事は、2013年01月28日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る