生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon wedding結婚

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 結婚式で渡すご祝儀袋の選び方と金額の決め方

結婚式で渡すご祝儀袋の選び方と金額の決め方

2013年01月28日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

職場や学生時代からの友人の結婚式に呼んでもらえるというのは、非常に嬉しいものです。しかし、大事なイベントだからこそ色々と気を遣う場面でもありますよね。結婚式に参加する際に気を遣うものの一つが、ご祝儀の渡し方だと思います。

今回は、結婚式で渡すご祝儀袋の選び方と結婚式の祝儀の相場の決め方をご説明します。

祝儀袋の選び方

いわゆる、祝儀袋には2種類あります。水引(中央にある紅白や金銀の飾り)の結び方によって祝う意味合いが異なってきますので、渡す祝儀袋を間違えないように気を付けましょう。

結び切りのご祝儀袋

水引が一度結んだらほどけないように上を向いているのが、結び切りのご祝儀袋です。何度も繰り返してはいけないこと、結婚や快気祝いなど、一度だけ良いことを祝う際にこの袋を使用します。

結婚式では水引が結び切りの祝儀袋を使用します。

蝶結びのご祝儀袋

ほどいて何度も結び直すことができる結び方をしているのが、蝶結びのご祝儀袋です。何度あっても喜ばしい事柄、例えば出産や時候の祝いなど、一般的な祝い事に渡す際はこの袋を使用します。使う機会が多いのはこちらのご祝儀袋でしょう。

水引が蝶結びの祝儀袋は結婚式には不適切です。

祝儀袋を選ぶ際の注意点

結婚式の祝儀袋は、イラストのような水引が結び切りのものを使いましょう。

実際に使用した祝儀袋

祝儀袋と一口に言っても、様々な種類のものがあります。著者は、あまり派手すぎないこちらの祝儀袋をよく使います。

祝儀袋の種類はたくさんあるので、しっかり選びましょう。

金額の決め方

金額の相場

渡す相手との関係性にもよりますが、1万円、2万円、3万円、5万円、10万円が一般的です。迷った場合は、職場や同じ学生時代の友人など同列で参加するほかの出席者と相談するのがベターだと思います。それでも決められない場合は、3万円とするのがいいでしょう。ちなみに、今まで著者がご祝儀の金額で相談したときは、3万円を渡すという人が多かったです。

金額は渡す相手との関係性を考慮して決めましょう。

ご祝儀にプラスして

特に気心が知れた仲である場合なら、ご祝儀以外にプレゼントやほかの形で祝うのもいいでしょう。著者の職場の同期が結婚したときは、結婚式の数日後に同期だけでの飲み会を開き、そこで花束と夫婦で使える揃いの食器類をプレゼントしました。

おわりに

結婚式に出席するというのは、相手を祝福する気持ちを持って出席するということです。初めて結婚式に参加するという方は、不安で祝うどころではないという人ももしかしたらいるかもしれません。ネットで結婚式のマナーを調べたりするなど、事前に最低限の常識を知っておくことで、自分自身も気持ちよく出席することができます。一緒に参加する仲間との足並みを揃えて、楽しい結婚式を迎えましょう!

(photo by 足成)
(イラスト by イラストAC)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130120171030 50fba676b5dc7
  • 20130123190946 50ffb6eae6b23

本記事は、2013年01月28日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る