生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon travel旅行・おでかけ

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 群馬県伊香保温泉で!子供とゆっくり湯めぐり体験談

群馬県伊香保温泉で!子供とゆっくり湯めぐり体験談

2013年01月28日作成

 views

著者の家族は、温泉が大好き!ちょっとお休みがあるとすぐに「どこにいこうか?」と温泉を探して入りに行きます。今回は、夏休みに子供と行って楽しかった伊香保温泉のことをご紹介します。

目次

旅行を決めた時期と理由

  • 時期:夏休みに入ってから。旅行に行く2週間くらい前に決めました。
  • 理由:この時期にしたのは、普段お休みが合わない家族が、全員休みだったためです。

伊香保温泉を選んだ理由

過去に何回か行ったことがあり、なじみがあることと、子供の夏休みだったので、「自由研究に使えるところがいい」ということで、湯の花が見られる伊香保温泉に決定しました。

あとはやはり「近い」ということもポイントでした。

旅行手配手順の詳細

泊まったのは伊香保温泉金太夫という温泉旅館。昔からある旅館でしたが、最近伊東園グループになった&安くなったということで、著者の夫が決定。ネットで直接予約しました。伊香保までは車なので、列車予約などはなしです。

伊香保の金太夫さんは、石段を守る昔からある旅館十二館のうちの一軒でした。今は伊東園グループになっていますが、昔は十二軒の宿を十二支を割り当てて、お湯の管理をしていた、その一軒です。

金太夫さんは「寅」ということで、石段にも残っています(写真参照)。
伊東園グループとは、最近全国の温泉地に増えている旅館(ホテル)です。この伊香保の金太夫さんが初めての利用でした。

かかった費用

旅館

夏休みでしたが、ここは一年365日同じ価格ということで大人一人7800円、子供は6800円、3人で行ったので合計22400円でした。

高速料金

通勤時間帯割引を使って、約2000円でした。

高速道路は時間帯により価格が全然違うので、うまく利用するとうんと安くなります。
高速.jp」で調べると楽です。

旅行行程

一日目の観光

高速を使って伊香保まで。ついてすぐに、子供と夫は石段の上にある伊香保神社へ。私は石段街にあるお店を見て回りました。

石段街は和小物屋さんや、昔のおもちゃを売っているお店、カフェなどがたくさんあり、一日居ても飽きません。

そのあと合流して、石段にある「足湯」めぐり。旅館によるのですが、門の前に足湯などを「ご自由に」と言って開放しているところが多いです。

足湯だけでもかなり汗をかきますし、気持ちがいいので、日帰りでもぜひ行ってほしいです。

足湯に入る時のため、タオルなどを余分に持っていくといいです。

旅館へチェックイン

夕方早くにチェックイン。お部屋は和洋室で、ベッドが二つ、一人分は和室にお布団。部屋はとっても清潔でした。全体的に古い旅館をそのまま利用しているので、部屋の中と廊下、ロビーの雰囲気の差がありました。

展望露天風呂

私が入ったのは屋上近くにある展望露天風呂。内風呂と露天風呂がくっついていてかなり広いです。

ただ、露天風呂は広いのですが、ちょっと殺風景だったかもしれません。後から改装してある部分がちょっと使いにくかったです。

貸切風呂

子供と夫は、さらにいろいろなお風呂へ・・・この旅館には借り切り風呂がたくさんあり、無料で日と家族40分まで使えます。

子供はここで「湯の花」を見て、感動したようでした。

食事

食事は夜も朝も食堂でのバイキング。私は行くまで知らなかったのですが、夕食時間前になると皆さん並ぶのです!

メインのカニなどは、一度出たらあとからは足さないらしく、それを知っている常連さんは早々に並んでダッシュ・・・!ゆっくりしに温泉に来たのに、びっくりしてしまいました。

朝も同じ感じですが、こちらのほうが一般的な朝食バイキングという感じでした。

食事の内容は、子供は喜ぶものが多いのですが、大人向けという感じではなく、どこでも食べられるもの、という感じでちょっとがっかりでした。ただし、夏休みだったからか飲み物は飲み放題でした!子供とお父さんたちは大喜びでした。

二日目の観光

この日は午前中しかいられなかったので、著者のお目当てのお店へ3人で行きました。石段の下のほうにある楽水楽山」(らくすいらくざん)さんです。(上の写真:石段側からのアプローチ)

ここも昔からの旅館なのですが、別棟でカフェをやっていて、そこは宿泊客ではなくても入れるのです。ゆったりとした空間で、美味しい紅茶とケーキ。ちょっと残念だった夕食を払拭できました。

地元のアーティストさんの作品も展示販売していて、避暑地のカフェといった風情です。伊香保に行って時間がある場合はお勧めです!

感想

今回は夫が主体で宿泊先を決めたのですが、もうちょっとしっかり調べてから(お料理など)決めればよかったな、と、そこだけ反省点です。

でも、安く泊まれたのでしょうがないと思っています。行きなれている温泉でも、泊る旅館によって居心地などが全然違うのだなと思いました。

おわりに

伊香保温泉は周辺に観光できるところがたくさんあって、しかも東京からも近いので、一泊二日の旅行などにお勧めです。

(photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130126150435 510371f321dd6 thumbnail
  • 20130125173301 5102433d1b34f thumbnail
  • 20130125173332 5102435c3019a thumbnail

本記事は、2013年01月28日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る