生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 一人暮らしの寂しさを解消する5つの方法

一人暮らしの寂しさを解消する5つの方法

2013年01月26日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

誰もが一度は憧れる”一人暮らし”。いざ始めてみると気楽で良い反面、寂しさとの戦いでもあります。いつも友人と集まれるわけではないので、一人で過ごす時間をどうするか悩む人も多いでしょう。

筆者は学生の頃数年一人暮らしをしたことがあり、その経験を通して学んだ一人暮らしの寂しさを解消するコツを紹介します。

寂しさを感じる時

著者は特にこんな時に寂しさを感じました。

  • 夜に家族からの電話を切った時
  • 休日に友人がみんな忙しかった時
  • 寒い冬の日にかぜをひいて調子が悪かった時

皆さんも似たような状況で寂しさを感じることがあるのではないでしょうか?このような時に寂しさを紛らわす方法をお教えします。

寂しさ解消法

1:予定を作る

友人たちが皆忙しく、週末の予定がない時は予定を自分で作りましょう。金曜日の夜に週末にすることを考えます。

午前中は掃除、洗濯、食料品の買い物、午後は、図書館、美術館、または公園へお散歩に出掛けるなどです。

家の中で何もしないでボーットして過ごすのもいいですが、「今日はいろいろやったな」という充実感のおかげで夜になっても寂しくなりません。

2:テレビまたは音楽をかける

夜にふと寂しくなってしまった時は、煩くない程度のボリュームでテレビか音楽をかけましょう。

また、コメディータッチのものやハッピーな結末の映画を借りて来て観ると楽しい気分になり寂しさを解消できます。

音や人の声があることで、寂しさは紛らわすことができます。

3:ペットを飼う

動物が好きで、住んでいる所がペット可なら思い切ってペットを飼いましょう。やどかり、金魚、ハムスター、モルモットやうさぎなら餌代もそれほどかからないし、静かなので近所から苦情も出にくいはずです。

”ひとりじゃない”ということと”何かを世話することの楽しさ”を感じることで、寂しくなくなります。

4:病気のときは温かいものを食べる

病気で体調を崩すと気も弱ります。普段以上に寂しくなって「お母さんのおかゆが食べたい」なんて思ったりします。

遠く離れていて来てもらえないならば、出前で好きな温かいものを注文しましょう。筆者はきつねうどんが大好きなので出前取ったりしました。

温かい食べ物は心と体の両方を温めてくれ、不思議と寂しさが解消します。

5:それでもつらい時は思いっきり泣く

寂しいときは無理に自分の感情を否定せず、誰かに電話したり、泣きたければ泣いたって良いのです。思いっきり泣くと意外と気が落ち着くこともあります。

我慢は禁物です。

一人暮らしの人へのアドバイス

誰もが寂しいと感じます。貴方だけではありません。一人が寂しいと感じることはごく普通の感情ですから、恥ずかしいと思うことはありません。

そんな時はここでご紹介したような方法を試してみてください。

おわりに

いかがでしたか。ここでは筆者の一人暮らしの経験を通じて分かった、一人暮らしの寂しさを解消する方法を紹介しました。

ぜひ参考にしてみてください!

(photo byamanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130126064849 5102fdc1b9bc9

本記事は、2013年01月26日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る