生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 義父と楽しむ父の日の過ごし方

義父と楽しむ父の日の過ごし方

2013年01月26日作成

 views

父の日は、それほど大きなイベントではないので、気づかず過ごしてしまう方も多いのではないでしょうか。特に既婚者の中には義理の父へのプレゼントなんて考えていない、面倒くさい、という方もいると思います。ですが、幼い頃に実父を亡くした著者にとっては、とても大切なイベントです。

血のつながらない父であっても、本当に大切な存在の義父。せっかく新たに「お父さん」と呼べる相手ができたのですから、そんな義父に感謝の気持ちを伝えるための、父の日の過ごし方を紹介したいと思います。

父の日の過ごし方

養父が好きな物をプレゼントに

著者は、お酒が大好きな義父のために、毎年父の日は焼酎をお取り寄せすることにしています。いろんな地域の近所には売っていないような焼酎をネットで購入して、それを持って義父の家に遊びにいきます。

プレゼントは高価な物でなくても、お酒やお菓子などみんなで一緒に楽しめる物の方が喜ばれます。

孫も連れて訪問

義父は小さな子供が大好きなので、著者の3人の子供も連れて遊びにいきます。可愛い孫たちが賑やかにはしゃぐのを見て、義父はとても嬉しそうにしています。

時間があるときには、早めにお邪魔して、義父に子供たちと一緒にお風呂に入ってもらいます。

一緒に食事と晩酌

遊びに行ったら、義母が作った夕飯を一緒に食べて帰ります。そのとき、プレゼントした焼酎を開けて、夫も著者も一緒に楽しむようにしています。

1人で呑むお酒よりも、大勢で呑むお酒のほうがおいしいですよね。普段呑まないような焼酎なので、感想を言い合ったりしながら、ワイワイ楽しむようにしています。

著者が感じたこと

義父は、プレゼントそのものよりも、息子夫婦や孫たちが来て、一緒に食事やお酒を楽しむ時間を喜んでいるように思います。

それほど大きなイベントではないので、特別なお料理なんかを準備することはありませんが、義母が作る温かい家庭料理と、気持ちのこもったプレゼント、みんなの笑い声で、とても幸せなひと時が過ごせますよ。

おわりに

義父は血もつながっていませんし、過ごした時間も短い相手です。でも、本当の父親と同じような気持ちで接し感謝の気持ちを伝えれば、とても良い関係が築けます。

年に1度の父の日は、義父の笑顔を見られる素敵な1日にしましょう!

(photo by 足成)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130125210109 510274054f403

本記事は、2013年01月26日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る