\ フォローしてね /

スプーンを使ったルアーフィッシングを楽しむコツ

はじめに

ルアーフィシングの楽しみの一つに、ルアー選びがありますが、あまりのルアーの多さに初心者の方が迷うことがありますよね。ルアーを大別するとソフトルアーとハードルアーがあります。

ソフトルアーはソフトベイト、ワームとも呼ばれ、合成樹脂やラバー製の柔らかいルアーです。

ハードルアーはハードベイトとも呼ばれ、プラスチックや木、金属製の硬いルアーです。

今回は、ハードルアーの一種のスプーンを使ったルアーフィッシングを楽しむコツを紹介します。

スプーンを使ったルアーフィッシングを楽しむコツ

スプーンを楽しく選ぶ

スプーンとはその名の通り、金属製の食器のスプーンから柄を取り去ったものに針をつけたようなルアーです。スプーンの大きさが大きいほど、水中で上下左右に良く動き、小さいほど上下左右の動きは少ないです。

もし釣り場で大小のスプーンを用意し、どちらかのスプーンで魚を釣り上げることができれば、スプーン選びは正解となり、スプーン選びも楽しくなります。

アクション(動き)を楽しむ

スプーンを竿で投げて、リールでスプーンを巻き取るのがルアーフィッシングです。もちろん、竿を動かさず、リールも一定速度で巻き取っても魚は釣れることもあります。

ただ、竿先を少し動かしたり、リールを巻く速度を早くしたり遅くしたりすることにより、スプーンに不規則なアクション(動き)が加わり、あたかも逃げ惑う小魚のように見せることができます。

もし自分のアクション(動き)で、だまされた魚が釣れば大きな喜びとなります。

魚の居場所を楽しく探す

スプーンを竿で投げて、スプーンが水底についてからリールで巻き取るのが基本ですが、スプーンが水底につく前にリールを巻き取ることにより、同じ場所に投げても違う水深にいる魚を簡単に釣ることができます。

釣り場が混んでいて、同じ方向にしかスプーンが投げれなくても、水深を変えることで魚が釣れれば、楽しくルアーフィシングができますよね。

おわりに

ルアーフィシングはスポーツです。例え釣れなくても、魚のほうが利口なのだから、潔く勝負の負けを認めましょう。

しかし、今まで説明したコツをいかせば、いつかは大物を釣り上げることができるかもしれません。

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。