生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon travel旅行・おでかけ

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. ニュージーランドから日本への郵便物の送り方

ニュージーランドから日本への郵便物の送り方

2013年10月29日更新

 views

お気に入り

はじめに

著者は、現在住んでいるニュージーランドからクリスマスカードとプレゼントは毎年送ります。離れているからこそ、手書きを届けたいですよね。今回は、「海外からの手紙の送り方」について紹介したいと思います。

著者の海外渡航歴

1996年から日本を離れ、海外で暮らしています。今まで住んだ国は、カナダ、韓国、オーストラリア、ニュージーランドには2003年から滞在しています。

ニュージーランドから日本へは、飛行機の直行便もありますし、貿易もしていますので、郵便事情はよく、手紙なら4~5日で、小包なら10日前後で届きます。

届け先の 宛名の書き方

  • TOのあとに受取人の名前を書きます。
  • JAPANを書きます(赤色がいいです)
  • Air Mail,Sea Mailなどの郵便物の種類を書きます
それ以外、住所は漢字でOKです。
日本にさえ届けられれば、あとは日本の郵便局が仕分けますので、むしろ住所は、漢字の方がいいのです。

差出人の書き方

絵葉書の場合

届け先の住所の下にFromをつけて、名前(Name)、住所(Address)、郵便番号(postal/zip codes)

手紙の場合

届け先の住所を書いた封筒の裏に、絵葉書と同様に書きます。

小包の場合

届け先の住所を上の面に書き、横の面に、絵葉書と同様に書きます。

小包の場合は別に書類があります

To(受取人)とfrom(差出人)の書き方は絵葉書や手紙と同じです。

  • Customs declaration(申告すること)

ギフトなのか、仕事のものなのか、送る目的を書きます。

  • ItemValue(中に入っているものとその値段)

例えば、おかし:$20,00、本:$40,00など、買った時のレシートを持っていくと、便利です。

  • Cover/Non-Delivery(もし破損した場合の保障。保険料なので、有料です)

受取人に渡せなかった場合の対応法。自分に戻す(有料)か、破棄なのか決めます。また、signature申告したもの全てに間違いがなければ、サインをします。

著者が送るものといったら、クリスマスギフトのおかしや、おもちゃなので、保険もかけず、破棄としています。届かなかったという事は、今までありませんでした。

料金と送り方

絵葉書、手紙共にNZ$2.50

切手は郵便局(Kiwi Post)や、お土産屋さんで売っています。ホテルでも置いてある所がありますが、ニュージーランドは少ないです。

旅行中だとポストが見つけにくかったりしますので、お土産屋などで手に入れておき、書いたらホテルで出してもらうといいです。切手は置いてないホテルですが、出すサービスはしています。特にチップ等必要ありません。

小包

郵便局(Kiwi Post)に持って行き、その場で計量してもらいます。

EconomyやAir Mail など届く日数によって料金が違います。これは、結構適当に言われます。レシートは、受取人から「受け取った」の連絡があるまでは取っておいた方が、良いでしょう。

クリスマスシーズン(11月末から)は料金が通常と変わります

この時期は、国内外問わず小包が増えます。そこで、「もし、クリスマスに間に合わせたいなら」として、日程表が張り出されます。
一例

12月25日到着

  • 11月21日までエコノミー料金
  • 12月15日まで通常料金
  • それ以降、特別料金

著者は、いつもエコノミー料金で済ませたい気持ちから、早く送ってしまい、11月中に「メリークリスマス」してしまう事もあります。

旅行中に増えた荷物を送りたい時

郵便局が中心地に沢山なく、ツアーだと時間も限られるので、早めに準備し、送ってしまう事です。

お土産屋さんを利用する

お土産の宅配サービスを行っている所がほとんどです。私物を入れることはできませんが、ニュージーランドのお土産ものは、はちみつやクリームなど重量がかさむものを、ご自身より遅い日本到着にはなりますが、送ってしまう方がいいかもしれません。

その際には、「別送品の申告」をお忘れなく。

日本で必ず提出する書類ですので、日本に向かう飛行機の中でCAさんからもらえます。通常は一枚ですが、それを2枚もらい、後ろにチェックするだけの簡単なものです。

日本に到着したら、税関で申告するだけです。これを忘れると、「関税」がかかりますので、御注意下さい。

おわりに

海外からの贈り物は、絵葉書一枚であっても嬉しいものです。

(photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130121120050 50fcaf6254de8

本記事は、2013年10月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る