生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon travel旅行・おでかけ

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 海外の空港での乗り継ぎ(トランスファー)のポイント

海外の空港での乗り継ぎ(トランスファー)のポイント

2013年10月30日更新

 views

お気に入り

はじめに

海外の空港での乗り継ぎは、無事に次の便の乗れるかしら、とドキドキしますよね。

私は、同じところへばかりの旅ですが、それでも今回も何事もありませんように、とそれなりに緊張します。

でも、ポイントさえ押さえておけば、余程のことがない限り大丈夫ですよ!

著者の渡航歴30回 渡航先:タイ

注意点!あらかじめ確認しておくこと

自分は、どういう経路で目的地まで行くのか?

例えば、タイのプーケット島へは

日本→バンコク→プーケットというルートがメジャーですが、

日本→シンガポールもしくはマレーシア→プーケットというルートもあります。

前記のバンコク経由の場合は

国際線→国内線(Transfer to Domestic)

後記のシンガポールもしくはマレーシア経由の場合は、

国際線→国際線(Transfer to International)

となるわけです。

国内線に乗り継ぐ場合、どこで入国審査を受けるのか?

バンコクで地方都市へ乗り継ぐ場合、以前は、最終目的地で入国審査を受けていましたが、現在は、バンコク・スワンナプーム空港で審査を受け国内線へと搭乗します。

だたし、入国しても空港から外へ出ることは出来ません。これは、国や空港によって違うと思いますので要確認事項です。

因みにタイの場合は、帰国の際は、現地の空港で出国を行います。複雑ですよね。

Boarding Pass(搭乗券)は、どこでもらえるのか?

チェックインした時に、2枚乗搭乗券をもらうことが普通ですが、経由空港までしか発券されない場合は、経由空港のトランスファーカウンターで発券してもらいます。

預けた荷物は、何もしなくても目的地にて受け取れます。

乗り継ぎの時間は?

乗り継ぎ時間は、各航空会社で必要乗継時間を決めていると思いますので、チケットの予約が出来れば、問題ないはずです。心配な方は、航空会社に問い合わせましょう。

因みにタイ国際航空のスワンナプーム空港での必要乗継時間は、チェンマイ/プーケット/チェンライ/クラビは55分、その他の国内線は、1時間15分です。

空港が広いので、実際1時間という時間は、結構タイトです。空港で、のんびりしたい方は、ちょうど良い便があるならば、一便早い便を予約するのもいいかもしれません。

注意点!いざ、出発!実際の乗り継ぎは?

到着したら、まずは、トランスファーの看板を探そう

到着したら、トランスファーの案内版の矢印にそって進みます。チケットが必要な方は、トランスファーカウンターへ向かいましょう。

出発便の案内版『Departures』を探す

案内版は、その国の言語と、英語が交互に表示されます。

大きな空港ですと、便数が多く探すのが大変ですが、焦らないでじっくり見ていきましょ。

出発予定時刻から追っていって、便名を探すのが、楽です。

また、共同運航便(コードシェア便)の場合少し表示が分かりにくい場合もありますが、じっくり見ていれば分かります。

そこで自分が搭乗する便のゲートを確認します。

次に、その便のいまの状態を確認します。

GO TO GATE(あら大変! 急いで)や、BOADING(搭乗始まっています)とか、DALAYED(遅れている)などと表示がされます。

「DALAYED」の場合は、予定時刻が出ていますので、合わせて確認しましょう。また、予定時刻は、変更になる場合もあるので、時々確認しましょう。

取りあえず、搭乗ゲートを確かめに行く

例え、乗り継ぎ時間がまだまだあったとしもて、初めての空港は分かりにくいものです。

また、慣れていたとしても、いつも同じゲートとは限りません。確認をしてから、お買い物やお食事をゆっくりしても遅くはありません。

実際に私は、ああ、あそこのゲートだから大丈夫、とのんびりご飯を食べていて、最後に猛ダッシュをする羽目になりました。ゲートの先が凄く長かったのです。

食後すぐの全力疾走は、なかなかキツイものがありました。

最後に

学校で習った通り、予習は、大切です。

迷ってしまったり、ファイナルコールのアナウンスを耳にしたら、直ぐに、近くにいる空港職員に搭乗券を見せ、泣きつきましょう。ちゃんと、対処してくれますから。

すでに乗客が着席している中、最後に搭乗するのは、なかなか視線が痛いものです。

早め早めの行動を心がけましょうね。

(photo by jetalone/CC BY)

(photo by side guacamole/CC BY_SA)

(photo by David McKelvey/CC BY)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130124233832 510147688d995
  • 20130124232757 510144edec78c
  • 20130124234439 510148d7c15c0

本記事は、2013年10月30日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る