生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7. 1本だけ!ひとつ常備しておくだけでOKな洗濯洗剤の選び方

1本だけ!ひとつ常備しておくだけでOKな洗濯洗剤の選び方

2013年10月31日更新

 views

お気に入り

はじめに

洗剤に柔軟剤に、部分汚れ用に…

選択洗剤って、用途が様々なものを何本も揃えておかなくてはいけない気がして、一体どれを揃えればいいのか迷ってしまいますよね。

用途別に購入しなくてもこれ一本でOKな洗剤があると、収納場所にも悩まず便利。筆者が常備している選択洗剤をご紹介します。

これ一本でOK!な洗剤を選ぶポイント

1:柔軟剤入り洗剤かどうか

品名表記や、パッケージの端に「柔軟剤入り洗剤」と表記されているものを選びます。別々に常備しておくことの多い洗剤と柔軟剤が1本ですみます。

別々に使用するのとは違い、柔軟剤の量の調整ができないので「タオルは多め、洋服は少なめ」というような使い方はできません。

2:無蛍光かどうか

蛍光であると洗える洋服が限られてしまいます。無蛍光であれば水洗い可能なほとんどの洋服を洗うことができるので重宝しますよ。

3:原液をかけてもいいか

多少のシミであれば、専用の染み抜き洗剤を使わなくても原液を少しかけて普通に洗濯すれば汚れを落とすことができます。

「原液を直接洋服にかけないでください」と表記されていないものを選びましょう。

筆者が使用している洗濯洗剤

筆者が使用しているのはボールドコンパクトタイプです。

収納場所をとらないコンパクトタイプを使用していますが、普通のタイプでもかわらずオススメ。

いくつかの柔軟剤入り洗剤を試しましたが、バスタオルなどを洗濯したときに柔軟剤の効きが一番良い気がしたので、こちらを使用しています。

原液をかけて使用することが多いなら普通タイプの方が使用量を抑えられるのでおすすめですよ。

おわりに

特に一人暮らしで始めて洗濯洗剤を購入する場合などは、1本で済むタイプが便利。

使ってみて、もう少しこだわりたい!と思ったら用途に合わせたものを揃えてもいいかもしれませんね。

(Photo by 筆者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130125105150 5101e53662527
  • 20130125105205 5101e545d9bcc

本記事は、2013年10月31日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る