生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. ネットで脳トレ!英語クロスワードパズルの楽しみ方

ネットで脳トレ!英語クロスワードパズルの楽しみ方

2013年01月25日作成

 views

クロスワードパズルは雑誌や新聞などでもよく見かけますし、専門の書籍もたくさん出ていますね。難易度は幅広くルールが単純なので老若男女楽しめるパズルです。色々ある中で今回は著者が脳トレに使っている「英語のクロスワードパズル」を紹介します。

目次

ネットでサクサク

始めたきっかけは以前家庭教師をしていた時のことです。中学生に英語を教えていたことがあり、使っていた教材の中に時々クロスワードパズルの問題があったのです。パズルなので楽しみながら勉強もでき、他にもないかと探して見つけたのがインターネットの無料パズルです。

今は教えてはいないのですが、自分で脳のトレーニングのために気が向いた時に楽しんでいます。主にやっているのがActivities for ESL Studentsという外国人の為の英語学習サイトにあるクロスワードパズルです。

遊び方

クロスワードパズルを始める時にまずeasynot easyという2種類から選びます。簡単な方を選択すると、そこでもまた難易度順にレベル分けされています。例えば簡単なLevel1のものを一つ選ぶことにします。

STEP1

「はじめに」で載せた画像のようなパズルがあり、空白の部分に文字が入るようになっています。左上の1をクリックすると問題が出てきます。

Across1(1の横)
[ ]is my brother.

Down1(1の縦)
I [ ] a dog when I was young.

このカッコ内に入る適当な単語を考えて入力します。1の横の2マスには「○○は私の兄(弟)だ。」の主語の部分ですからおそらくheが入りそうです。仮にheと入力します。

縦の3マスの最初は同じですからhが入りますね。「私は若い頃、犬を○○した。」ということは過去形で飼っていたの意味が合います。つまりhadが入るということです。

こんな風に縦と横が同じ文字の部分をヒントに1~12までの単語を考えます。順番は好きなように、わかるものから埋めていけばいいですね。

これが全部埋まった状態になります。

STEP2

次に大きな画面の中央下にcheckボタンがあるので、そこをクリックします。

STEP3

正解ならこのようにCorrectと出ます。間違っている場合は何文字が正解というふうに表示され、間違ったマスが空白になります。

お薦めの理由

難易度が控えめ

パズルは正解にたどり着く楽しみがありますね。あまり難しすぎるとやる気がなくなり、つまらなくなってきます。宿題のように課してしまうのは長続きしません。

著者は試すつもりで、別のサイトBBC LEARNING ENGLISHにあるクロスワードに挑戦してみたことがあるのですが、あまりに時間がかかり嫌になってしまいました。問題が難しすぎるのは苦痛でしかありません。

自分のペースで遊ぶことができる

紹介したESLは中学生でも出来るくらいの簡単なものから、少し難しいものまで種類が多く自分のペースで遊ぶことができます。少しずつやるほうが楽しいですし昔習ったことなども思い出せていいトレーニングになります。

わからない時にはヒントボタンがあって、こっそり(?)頭の文字だけ教えてくれるので便利ですよ。

著者の遊び方

著者もインターネットをするついでに気が向いたらひとつふたつやる程度です。順番通りではなくアトランダムに適当に選んでいます。難しそうならチェンジします。

レベル1の中でも文法ではなく、もっと軽く考えられるカテゴリーのものもあります。フルーツや乗り物のようにテーマが決まっていて言葉を埋めていくものです。文法は嫌だという方にはお薦めです。

おわりに

考えてわかった時の嬉しさ、少しずつ空白が埋まっていく期待感、完成した時の達成感は気持ちのいいものですね。中学高校で英語を勉強した方ならきっと楽しめると思います。是非挑戦してみて下さい。

(captured by 著者)

本記事は、2013年01月25日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る