生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon moneyマネー

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 還付申告なら1月1日からできるんです!所得税の確定申告

還付申告なら1月1日からできるんです!所得税の確定申告

2013年11月01日更新

 views

お気に入り

はじめに

毎年、確定申告の期間は2月16日(土日の場合は翌月曜日)から3月15日までとなっていますが、実は所得税の還付申告の場合、1月1日から申告できます。

と、いっても税務署にもお正月休みがありますので、正確には仕事始めの日(大体1月4日辺りでしょうか?)から受け付けてくれます。

また、早く申告することで還付金の振り込みが早くなります。管轄の税務署によって違いがあるかと思いますが、筆者が以前に年始に申告した際、還付金は2月16には振り込まれていました。

もともとは払いすぎた自分のお金です。ちょっとでも早く返してもらいたくありませんか?

税金の話って難しそう・・・と思われるかもしれませんが、思ったより難しくないですし、現在ではインターネット上で簡単に申告書を作成することもできます。

確定申告される方のパターンはそれぞれありますが、今回は筆者が経験したことのある年度途中で退職して年末調整を受けていない場合の確定申告の方法をご紹介します。

インターネットを利用して申告書を作成してみよう!

国税局のウェブサイトから、所得税の申告書を作成することができます。

また、手引や記載例などもありますので、不明な点を確認することもできます。

STEP1: 確定申告書等作成コーナーをクリックする

ウェブサイト上の【確定申告書等作成コーナー】をクリックします。

STEP2: e-Taxか書面提出かを選ぶ

このような画面に遷移しますので、いずれかを選択します。

e-Tax

電子証明書とICカードリーダライタ(家電量販店などで2,000~3,000円程度で購入できます)を用意すれば利用可能です。最高3,000円の控除(5年間で1回のみ)、還付が早い、添付書類の提出省略など利点があります。

書面提出

インターネット上で必要なデータを入力し、申告書を作成します。管轄の税務署へ郵送または直接持参することになります。不明な点や相談したいことがある場合は、直接持参して確認するとよいでしょう。

今回は、書面提出で作成してみます。

STEP3: 印刷のための確認事項をチェックする

【利用するパソコンのOS、プリンタの接続、別画面の表示確認、利用規約に同意】の各項目をチェックしたら【入力終了(次へ)】をクリックします。

STEP4: どの申告書を作成するのか選ぶ

今回は【所得税の確定申告書】を選びます。

STEP5: ここの選択は要注意です!!

左右いずれかを選択しますが、「この記載は少々わかりにくいんじゃないかな?」と筆者は思いましたので、ご注意ください。

  • (左)給与所得が1か所の方

給料をもらったのは1か所で年末調整済の方が、医療費控除や住宅ローン控除などの申請をしたい場合に選択します。

年度途中で退職した場合も「給料所得が1か所」に該当する場合が多いと思いますが、年末調整はされていませんので該当しません
  • (右)左記に該当しない方

年金受給されている方、年度途中で退職された方、2か所以上から給与所得がある方などはこちらに該当します。

今回は右側の【左記に該当しない方】を選択します。

STEP6: 生年月日等入力

申告の種類を確認し、生年月日を入力したら【入力終了(次へ)】をクリックします。

STEP7: 収入金額等の給与をクリック

実際の申告書と同様の画面へ遷移しますので、必要個所を入力していきます。

この場合は、【収入金額等】の【給与】という文字のところでクリックすると入力画面へさらに遷移します。

STEP8: 源泉徴収票の入力をする(申告書に自動転記)

会社からもらった源泉徴収票に記載されているとおり、画面内に入力していきます。

このように入力したら、画面をスクロールして【入力終了(次へ)】をクリックします。

入力した金額を元に計算され、自動転記されます。

STEP9: 生命保険に加入している場合

ご自身で生命保険に加入している場合は、保険会社から控除証明が送られてきていると思いますので、【所得から差し引かれる金額】の【生命保険料控除】をクリックします。

STEP10: 保険料の入力をする

控除証明の内容を確認しながら該当する箇所に入力し、画面をスクロールして【入力終了(次へ)】をクリックします。

このようなメッセージが出るので【OK】をクリックします。

入力した金額を元に計算され、自動転記されます。

契約日により新・旧の違いがあります。控除金額の計算方法が異なりますので、不明な場合は保険会社に問い合わせて下さい。

STEP11: 申告し忘れがちな社会保険料控除

年度途中で退職した場合、その後加入した国保または任意継続の社会保険に支払った保険料、それから国民年金も一緒に申告できます。

【所得から差し引かれる金額】の【社会保険料控除】をクリックします。

STEP12: 保険料を入力する

一覧から該当するものを選び、支払った保険料の合計金額を入力し、画面をスクロールして【入力終了(次へ)】をクリックします。

このように、入力した金額を元に再計算されます。

これ以外の該当項目があればそれぞれ入力し、なければ画面をスクロールして【入力終了(次へ)】をクリックします。

このようなメッセージが出るので【OK】をクリックします。

STEP13: 住民税等入力(該当の場合のみ)

次に、このような画面に遷移しますが、該当する場合は【住民税・事業税に関する事項】のボタンをクリックします。どちらか不明の場合は、一度クリックして内容を確認してください。

【給与・年金以外に所得がある、16歳未満の扶養親族がいる】などの項目がありますので、該当する場合はそれぞれ入力し、画面をスクロールして【入力終了(次へ)】をクリックします。

同じ画面に戻りますので、【入力終了(次へ)】をクリックします。

STEP14: 住所・氏名等入力

ここの入力箇所は大きく分けて3つありますので、それぞれ入力していきます。

納税地及び提出先税務署

現在の住所、1月1日の住所(現在の住所と1/1迄住んでいた住所に違いがあるか)、提出先税務署(不明な場合は検索できます)を入力します。

氏名等

名前、性別、職業、世帯主、電話番号、提出年月日をそれぞれ入力します。

還付について

受取方法と、振込を希望する場合は口座番号等を入力します。

振込は、ゆうちょ銀行の処理が一番早いようです。ゆうちょ銀行以外を指定する場合、一部のネットバンクは利用できませんのでご注意ください。

全ての入力が終わったら【入力終了(次へ)】をクリックします。

STEP15: 申告書等の印刷

このような表示に遷移しますので、【印刷画面の表示】をクリックします。

STEP16: 添付書類台紙の案内

内容を確認し、再度【印刷画面の表示】をクリックします。

STEP17: PDFで表示

PDFで確定申告書、台紙、控えが全部で6枚表示されますので、内容を確認したら印刷ボタンをクリックします。

STEP18: 申告書に押印、台紙に貼付

印刷された申告書のご自分の名前の横に押印し、台紙に源泉徴収票、控除証明書、保険料・年金などの領収書を添付したら完了です。

後は税務署に持参するか、郵送するか、いずれかの方法で提出します。

郵送の場合、控えと返信用封筒も同封すると、受領後に返信してもらえます。

おわりに

数年前のことなので筆者の手元に残っていませんが、後日、正式に還付金額が振り込まれる旨のハガキが自宅に届き、その数日後には振り込まれていました。

このような流れで申告書は作成できますので、確定申告が必要な方はぜひご利用になってみてください。

(photo by 足成)

(キャプチャ by 筆者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130120231323 50fbfb8324d2d
  • 20130123131110 50ff62dec43ed
  • 20130123131603 50ff6403cb634
  • 20130123134229 50ff6a35bc34b
  • 20130123135147 50ff6c6347ce0
  • 20130123143821 50ff774d9a08c
  • 20130123153404 50ff845cad2e4
  • 20130123154527 50ff87070eed7
  • 20130123155102 50ff88568a442
  • 20130123160152 50ff8ae06c3ad
  • 20130123160821 50ff8c65ac99a
  • 20130123162540 50ff9074ee1cd
  • 20130123163629 50ff92fdc4cc0
  • 20130123164311 50ff948f1dcfa
  • 20130123164723 50ff958b65490
  • 20130123183654 50ffaf36c2d02
  • 20130123185208 50ffb2c80d22a
  • 20130123185809 50ffb4311335f
  • 20130123232200 50fff20878c7e
  • 20130123232700 50fff3344a24d
  • 20130123233140 50fff44cd34b5
  • 20130123232700 50fff3344a24d
  • 20130124000027 50fffb0b8f0d2
  • 20130124000638 50fffc7ee7856
  • 20130124001339 50fffe2335610
  • 20130124002209 510000213eccd
  • 20130124002624 51000120e3b5a
  • 20130124003719 510003af825c8

本記事は、2013年11月01日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る