生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7. 初心者向け!防波堤でのイカ釣り基礎知識

初心者向け!防波堤でのイカ釣り基礎知識

2016年11月16日更新

 views

お気に入り

春と秋はアオリイカ釣りのシーズンで、防波堤からの投げ釣りでもイカが釣れます。主にアオリイカが釣れやすいと思いますが、時期によってはモンゴウイカ、ヤリイカなどが釣れることも。

誰でも手軽に楽しめるこのアオリイカ釣りは、ファンが多いことでも知られます。

写真は秋に釣ったアオリイカ。生きているうちは透明、そうでなくなるととたんに白く変色することからバケイカとも言われるとか。青い目張りも鮮度の証拠…かな?

まずは道具をそろえましょう

竿・リール

初心者の場合、釣り具屋さんに行けば、「アオリイカ釣りスターターセット」といったものが売られていますので、まずはそれから初めても良いのではないでしょうか。

ちなみに筆者は4000円程度の竿とリールがセットになったものから始めました。ただ安すぎたためか、投げるたびにリールが絡まってしまい、かなりのフラストレーションがたまりました。

店員と相談して選ぶと良いと思います。

釣り具屋さんは、やっぱり釣り好きな人が働いていることが多いので、何かと親切に教えてくだいます。どんどんフレンドリーに聞いてみると良いですよ!

エギ

上がエギです。なかなか美しいと思うのは、ファンだからでしょうか。
大きさ・色合い・柄・メーカーなども様々あります。

春~初夏は3.5号かそれ以上の大きなエギを使います。初秋から冬までは、小ぶりなものが沢山釣れるようになります。エギも3号かそれ以下から始めましょう。

クーラーバッグ

筆者の場合は釣った後アミにいれて海中を泳がせておき、帰り際にクーラーバッグに移します。こうすることによって墨を結構吐き出させることができますので、「帰宅したらイカもクーラーバッグ内部も墨だらけ!」なんて事態を避けられます。

そして臭いますから、ビニールに入れたのちにクーラーバックに入れるとベストかもしれないです。

イカ釣りのシーズン

基本的にアオリイカは春~初夏のころに産卵のため岸辺に近づいてきます。

そして夏場はシーズンオフ。

初秋から冬までは産卵された卵がかえり、小ぶりなものが沢山釣れるようになります。

ちなみに秋は小さいですが一番釣れやすいです。冬にむかって大きくなるのですが、そうなるにつれて知恵?経験値?視覚的なもの?どれが理由かわかりませんが、次第に釣れにくくなります。「そんなものには騙されないわ」とイカがささやいているような気すらします。

冬も寒くなると深海へ行ってしまうそうで、また釣れなくなります。

基本的な釣り方

投げ釣りです。

STEP1

防波堤から投げ、エギが海面に着水後、おおよその水深や落下速度を考えながら、エギが海底に着くのを待ちます。

STEP2

その後大きく竿を振り上げ、大きく2,3回しゃくりあげます。海中ではエギがピュンピュンと上下して、魚が泳いでいるような動きをします。

STEP3

そしてゆっくりリールを巻き始めます。これによってイカが「あれ?あの魚、元気ないじゃん?」といったような感じで食べに寄ってきます。

上手くいけばエギに絡みつくような、乗るような感じでイカくっついてくるので、それを釣りあげます。

イカ釣りの注意点

  • 投げ釣りですので、後・横の方に迷惑をかけないように、十分な距離をとりましょう。
  • イカのクチバシはかなり鋭くて痛いです!かまれる可能性も十分にありますので、気をつけてください。
  • 釣った後、イカに墨や海水を吹きかけられることよくあります。汚れても良い格好で行きましょう。

釣ったイカはお刺身、一夜干しでいただくと美味しい

筆者は実家のある若狭湾周辺でよくイカ釣りをしています。

敦賀市内にも海づり公園なるものがあるのですが、混雑がすごいため、白木漁港あたりや、小浜あたりで釣ることが多いです。

気比ノ松原(夏場は海水浴場)でも釣れました。

ただ、どの釣りもそうですが、行けばかならず釣れるというものではありません。それだけに釣れた時は嬉しさもひとしおです。

イカがエギにのっているときは、ぐぐっとした独特の手ごたえがあってたまりません。まだ2年目ですが、昨年は50ハイを超えました!趣味と食欲の為に釣りをしている感じです。

秋の小さなイカは、お刺身にしてたべるととても美味です。秋の遅くや春のイカともなると、結構な身の厚みとなるので薄くスライスした刺身にするか、または一夜干しにして食べると美味しいですよ。

関連記事

大人気!イカを釣るエギングをする時のマナー
消毒は大切!釣り場で怪我をしたときの対処法
お気軽ルアーフィッシング!防波堤で釣りをする時の道具

(photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130123141738 50ff7272f3370
  • 20130123142901 50ff751d5c29a

本記事は、2016年11月16日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る