生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon travel旅行・おでかけ

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7. 紀南・紀北地方について!和歌山県の気候や服装のポイント

紀南・紀北地方について!和歌山県の気候や服装のポイント

2013年01月25日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

著者は、産まれも育ちも和歌山県で、結婚してからも和歌山県に住んでいます。現在27歳ですので、和歌山県滞在歴は27年、ということになります。

そんな著者が、これから仕事や旅行で和歌山県を訪れようとしている方に向けて、気候や服装のアドバイスをしたいと思います。

和歌山県の気候

和歌山県は、海や山が多いので、訪れる場所によって気候も大きく違ってきます。基本的に、紀北は寒く、紀南は暖かい気候です。

紀南の気候

紀南でも、海の近くや山手に行けば、冬場は厳しい寒さが待っています。ですが、内陸部は、わりと暖かい気候です。

夏場には、湿気がとても多く、ジメジメとした暑さが感じられます。

紀北の気候

高野山など、高い山に行くのであれば、冬場はを覚悟しなければなりません。山手に行かなければ、寒さは思っていたほどでもない、という場合もあります。

夏場は比較的涼しく、快適な気候です。

和歌山県全体の気候の特徴

和歌山県は大変が強く、特に冬場は、天気予報で伝えられる気温よりも体感温度が低く感じられることがあると思います。

とにかく山が多い県ですので、変わりやすい気候にも注意が必要です。夏場など、突然の雷雨に襲われることも考えておかなければなりません。

服装のポイント

冬場

温暖なイメージのある和歌山県ですが、風が強く、山が多いので、意外と寒さが厳しいです。冬場はしっかり着込むことをオススメします。

特に、高野山など山手の地域に行く場合は、1枚多く着るなど、しっかり防寒対策をしてください。

夏場

夏場は、ジメジメした湿気の多い気候となりますので、汗をよく吸う素材の洋服を着ることをオススメします。

また、高野山など山手の地域に行く場合には、気温差がかなりありますので、薄手の羽織りものを1枚持参してください。

おわりに

和歌山県は、自然に囲まれた県です。豊かな自然があるがゆえに、気候の変化が激しく、同じ県内でも気温や気候に差があります。また、同じ地域の中でも、山の上と地上とでは全く気温が違ったり、自然の厳しさを感じさせられる気候です。

和歌山県は、海と山に囲まれた地域であるということを頭に入れて、体温調節のしやすい服装をするよう、心がけてください。薄手の羽織ものを1枚持っておけば重宝します。

この記事が、これから和歌山を訪れようとしている方々のお役に立てれば幸いです。

(photo by 足成)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130123125908 50ff600c42c11

本記事は、2013年01月25日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る