\ フォローしてね /

海釣りで知っておきたい基礎知識

海釣りで知っておきたい基礎知識があります。ルールやマナーだけではなく、「海」そのもに関しての基礎知識です。

あくまでも釣りを目的としている場合の「海」の知識なので、「波」に関する基礎知識です。海釣りには必須の「潮」に関する基礎知識です。

ポイント1 潮の満ち干

海には「潮の満ち干」があります。「潮の満ち」が満潮で、「潮の干」が干潮です。

満潮と干潮は、おおむね6時間ごとに繰り返しやってくるものです。

このふたつの時刻を前もって知っておくと、海との距離感が、より具体的になってきます。魚の動きも読めるようになります。

ポイント2 潮見表

「潮の満ち干」の情報をグラフにしたものが「潮見表」です。潮時表や潮汐表とも呼ばれることがありますが内容は同じです。

日本各地の満潮と干潮の時刻と潮位(水位)が計算されて表示されています。

海の情報

潮見表に記されているものは、以下のようなものです。
- 満潮と干潮の時刻
- 満潮と干潮の潮位
- 潮周り
- 日の出と日の入り

潮周りとは、大潮や小潮などです。

詳細はこちらをご覧下さい・・・ 潮見表

ポイント3 上げ7分に、下げ3分

海釣りの格言には「上げ7分に、下げ3分」というものがあります。魚が釣れやすい頃合を指し示しているのです。
- 干潮から7割ほど潮が満ちてきたとき
- 満潮から3割ほど潮が引いたとき
潮がよく動いているときは、魚の食餌行動も活発なので、釣りには絶好のタイミングなのです。

タイミングをおさえて釣りをすれば、釣りの成果も期待できます。まるで魚の動きが読めるかのように感じられるのは、そのためです。

おわりに

「潮見表」は、海釣りだけではなく、潮干狩りにも重要なアイテムです。海のレジャーには必携品と言えるものです。

潮の満ち干を前もって知っておくことで、釣りの成果も大きく期待できるようになりますし、波打ち際での危険防止に役立ちます。

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。