生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon childcare育児・教育

  1.  
  2.  
  3. 子供の野菜嫌いを克服させるコツ

子供の野菜嫌いを克服させるコツ

2010年10月22日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

嫌いな野菜の味に対する耐性も大事ですが、「食べれた」と言う自信もとても大事です。

気付かれない量の野菜を徐々に増やしていく

細かく切った野菜を増やしていく

子供に気付かれないように野菜を細かく切って料理に入れると言う人は多いようですね。それを既に実践していると言う前提で書きます。

気付かれない程のこの野菜の量を徐々に増やして行って野菜の味を強くしていき、野菜の味に対する耐性を無意識に身につけさせると言う狙いです。

嫌いなものでも食べ続けると耐性が身につき、慣れて平気になります。慣れが大事。

料理が野菜の味で染み渡り、その内にバレるかと思いますが、むしろバレるまで増やす方針で。

「今までこれだけの量の嫌いな野菜を知らないまま食べてたんだよ」と言ってやれば本人もかなり自信がつきます。

ミキサーにかけて液状にした野菜を料理に入れて増やしていく

細かく切ると言うのも気付かれませんが、野菜をミキサーにかけて液状にして混ぜたらもっと気付かれません。

人参やピーマンやほうれん草をミキサーにかけてカレーやシチューに入れる、など

これも量を増やして行って、知らぬ間に耐性を身につけさせると言う狙いです。

肉と一緒に食べさせ慣れさせる

肉は味がかなり強いので、嫌いな野菜と大好きな肉を同時に食べさせると肉が野菜の味を打ち消してくれ、非常に食べやすいです。

ちなみに筆者は、今でも嫌いな野菜は肉と一緒に食べて味を誤魔化しています。

肉はどんな野菜とも一緒に食べられるので、重宝します。始めの方は肉を多目に、嫌いな野菜を少な目に、少しずつ少しずつ慣れさせたらどうでしょうか。

また、肉でなくとも好きな食べ物なら何でもOKかと思います。

野菜ジュースや青汁で慣れさせる

いきなりドーンと固体の野菜が出てきてもかなり手こずります。

市販で売ってる野菜ジュースまたはミキサーに野菜とフルーツをかけて自作で野菜ジュースを作って飲ませたり。

また、青汁を牛乳と一緒に飲ませたり。

液状なら噛む必要が無いので苦が少なく、やりやすいかと思います。

おわりに

野菜に罪はありません嫌われたくてその味に生まれたワケではありません。子供にそう伝えてあげて下さい。

本記事は、2010年10月22日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る