生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon cook料理

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 余りモノには福がある!?苦手野菜もOKなお好み焼きの作り方

余りモノには福がある!?苦手野菜もOKなお好み焼きの作り方

2013年11月01日更新

 views

お気に入り

はじめに

我が家で昼食に登場するお好み焼きです。冷蔵庫にある余り物の野菜で作ったお好み焼きです。子供が嫌いな野菜が必ずひとつ入れますが、このお好み焼きはパクパク食べてくれます。

材料(直径15cm程度のもの2枚分)

  • 白菜 約1/4分
  • たまねぎ 1/2個
  • ピーマン 1個(今回はコレが苦手野菜です)
  • スライスチーズ 1枚
  • 卵 1個
  • かつおぶし 1袋
  • だしの素 大さじ1
  • 小麦粉 大さじ10
  • 水 100cc
  • サラダ油 適量
  • お好み焼きソース 適量
  • マヨネーズ 適量
白菜はキャベツでもOKです。また、もし材料が不足しているときは、野菜は白菜だけでもいいです。
だしの素は必ず入れてください。かつおぶしがない場合は、だしの素を倍量にしてください。
今回は、冷蔵庫にチーズがあったので入れましたが、ソーセージやハム、豚肉、鶏肉、ミンチ、魚介類・・・コクがでそうなものならなんでもOKです。なければ、なしでもいいです。

作り方(調理時間:20~30分)

STEP1:野菜を切って調味料などを入れる

白菜・玉ねぎは1cm角程度の角切りに、ピーマンは粗みじん切りにします。切った野菜、卵、だしの素、かつおぶしをボールに入れます。

かつおぶしは、1/3程度を残してください。最後にトッピングとして使います。

STEP2:小麦粉・水を入れて混ぜる

小麦粉と水を入れて、混ぜます。

STEP3:焼く

中火でフライパンを熱し、あたたまったらサラダ油をひいて、弱火にしてから生地を流します。直径15cm、厚さは1cm程度でしょうか。生地の上に、スライスチーズの半分をちぎって乗せます。

チーズの残り半分は、2枚目に使ってください
フライパンをあたためるまでは中火で、生地を流しいれるところからは弱火にしてじっくり焼きます。

STEP4:チーズの上に生地を乗せる

チーズの上に、チーズが隠れるように生地をのせます。たくさんはのせません。だいたい隠れればOKです。この状態で5分ほど弱火で焼きます。

焦げたチーズが好きな方は、この作業は省略可です。

STEP5:裏返してまた焼く

程よい焦げ目がついたら裏返し、フタをして弱火で5~7分ほど焼きます。裏にも程よい焦げ目がついていたら完成です!

STEP6:完成

ソースをぬってマヨネーズをかけ、残しておいたかつおぶしを振りかけて完成です!

上手に作るためのポイント

弱火でじっくり焼くと、野菜の甘みが出ておいしいです。特に白菜は、トロトロになって、外はパリッ!中はトロッ!として美味しく食べられます。

さいごに

苦手な野菜もぜひ入れてみてください!我が家では、ピーマンのほか、ほうれん草やにんじん、ブロッコリーの芯(葉の部分はもさもさの食感がお好み焼に合わないため)などを入れています。

野菜を切って混ぜて焼くだけだから、あっという間にできちゃいます!焼いている間に、ボールなどの洗い物も終わるので、後片付けも楽チンですよ~♪

(Photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130122221351 50fe908fac821
  • 20130122222010 50fe920a74801
  • 20130122223606 50fe95c6ce7d2
  • 20130122224042 50fe96da547bc
  • 20130122224438 50fe97c66ad2c
  • 20130122225025 50fe992119ab4
  • 20130122225403 50fe99fb4872b
  • 20130122225636 50fe9a942b8c1

本記事は、2013年11月01日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る