\ フォローしてね /

キャンプ初心者をアウトドアックキングの達人にしてくれる魔法の調理道具

キャンプ、そしてアウトドアクッキングに挑戦してみたい。でも最後にキャンプに行ったのはたしか中学生頃のことで、いったい何を準備すればよいのさえ見当がつかないという方も多いはず。

そうでなくても、テント/タープやランプなどアウトドアには欠かせないアイテムがいっぱい。さらに料理道具となると...、と始める前からがちがちに構えてしまうのも無理はありません。

それでもめげずに、大自然の中で料理を堪能するという醍醐味を味わうべく、まずは2つの調理道具(ダッチオーブンとコンロ)をそろえましょう。

ダッチオーヴンって何?

アメリカ西部開拓時代から使われている鋳鉄鍋のことです。ずっしり重い鍋です。アルミ製ダッチオーヴンも存在するようですが、鉄製の利用が好ましいです。

というのも鋳鉄製は、保湿性や密閉性に優れているため、「煮る・炊く」「焼く」「蒸す」「揚げる」など、幅広い料理法に対応できるからです。

とにかくタフな鍋で、アウトドアクッキングにはぴったり。空焚き同然の状態で、焼き芋作ったりできちゃいます。ただし火元には十分注意しましょう!

料理好きな女子の間で人気のフランス製ル・クルーゼの鍋に似ています。ただし、ル・クルーゼはホーロー処理されているため、空焚きは厳禁。ホーロー処理された鍋は、屋内での利用に適しています。

コンロはどんなものを用意すべき?

コンロ(キャンプストーヴ)には、ガスストーヴとガソリンストーブがあります。初心者には点火が簡単なガスストーヴがおすすめです(ほぼワンタッチで点火できます)。

それぞれ、バーナーが1つのシングルバーナータイプと、2つのツーバーナタイプがあります。ある程度の人数のグループで利用することが前提であれば、最初からツーバーナータイプを選ぶと良いでしょう。

ダッチオーヴンとコンロでできるアウトドアクッキング

まぁとにかく万能な鍋さえあれば、あらゆるタイプの料理をダイナミックにアウトドアで楽しむことができます。

  • ロースト(例:豚蒸し焼き、ローストビーフ)
  • 焼きもの(例:ハンバーグ、餃子、ナンのようなパン)
  • 煮込み(例:カレー、ビーフシチュー、豚角煮)
  • スープ(例:チキンスープ、豆スープ、けんちん汁)
  • 蒸しもの(例:各種ピラフ、蒸し野菜)
  • 揚げもの(例:からあげ、フライドポテト)

手軽に準備できそうな食材をメインに、あらゆる料理に挑戦してみましょう。

おわりに

百聞は一見にしかず。ネットで「ダッチオーヴン」「キャンプストーヴ」をキーワードに検索して、好みの製品を見つけましょう。東北・岩手で有名な南部鉄のダッチオーヴンなんかもありますよ。

(illustration by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。