生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 遊びも入れて!家族へのバレンタインチョコを購入する時のポイント

遊びも入れて!家族へのバレンタインチョコを購入する時のポイント

2013年01月23日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

家族へのバレンタインチョコは気を使わずに選べますね。身近な存在だからこそ、他人へのプレゼントとは違った基準で選ぶこともできます。

筆者は父、夫、息子と三世代の男性にチョコレートを贈っています。今回はそれぞれへのチョコの選び方を紹介します。

父へ

父とは大人になってからはそれほど長く話すこともなくなりましたが、共通の話題も多く良い関係だと言えます。

仕事もリタイアして長く趣味の同好会のメンバーから義理チョコをもらう程度なので、数少ない中で娘からの1個は貴重ですね。

予算

だいたい1000円前後

買う時期と場所

1月末から2月の始め頃までで外出ついでに買います。デパ地下の和菓子コーナーで買うことが多いです。

選ぶ時のポイント

義理チョコと少し差をつけるために、純粋なチョコではなく和菓子のテイストの入ったものを選ぶようにしています。父は煎茶を淹れるのが趣味なのでお茶受けになりそうなものを考えます。生菓子の場合は賞味期限を確認して決めます。

一昨年は有名な甘栗屋さんの甘栗をチョココーティングしたもの、昨年は宇治茶専門店の抹茶の生チョコを選びました。

渡し方

夕食後にさりげなく「はい、どうぞ。お母さんとお茶でもして。」と渡します。

夫へ

サラリーマンの夫は職場で義理チョコを幾つかもらってきますが、年配の女性も多く義理と言っても高級なチョコを下さる人もいます。

妻である著者は娘が小さい頃には一緒にブラウニーやクッキーなど手作りしていましたが、今はもっぱら市販のものを買っています。

予算

菓子は1000円くらい、オマケは時価

買う時期と場所

1月末からバレンタインデー前日くらいまでに準備します。デパ地下、駅ビルの特設コーナー、時には雑貨屋などで見つけることもあります。

選ぶ時のポイント

チョコは義理でいただくのでチョコレート系の洋菓子とおまけを付けます。デパ地下の洋菓子店を幾つか見て美味しそうな焼き菓子を選びます。ブラウニーやタルトなど夫とは好みが似ているので、自分が食べたいと思うものにするとほぼ間違いありません。

おまけの方は夫が好きそうなもので小さなもの、ちょっと笑えるものを選びます。

くちびる型の瓶に入った洋酒やハート模様の下着など。遊び心がある方が盛り上がります。

渡し方

バレンタインデーが平日なら直近の日曜日の夕食後に渡します。どこで見つけたのか、どうしてそれにしたのかなど細かく説明付きにします。「私もそれ食べていいよね。」はお決まりの文句です。自分も一緒に食べる前提ですから。

息子へ

今は成人していますが、子供の頃からずっとチョコを渡しているのでやめるきっかけが今のところありません。彼女がいてもいなくても恒例のことなので、素直に受け取ってくれます。

予算

1000円くらい

買う時期と場所

1月下旬から2月始めくらいまで、よく買い物に行く大型スーパーの特設コーナーで買うことが多いです。

選ぶ時のポイント

子供の頃はサッカーボールや動物の形をしたものを選んでいたのですが、今も同じようにキャラクターものなど子供っぽいものを受けねらいで選びます。いい年の若者に母から高級チョコを贈るのも変かなと思うので、味よりは面白さで選びます。

ここ数年はワンピースのキャラクター形チョコが中心です。スーパーの特設コーナーにはキャラクターものなども色々並びますね。

渡す時のポイント

バレンタインデーに家にいる時には「変わり映えしませんが」などと言って手渡し、留守の時には部屋のドアノブにかけておきます。

おわりに

バレンタイデーにはチョコを贈るというのが定番ですが、家族だからこその変化球も楽しめますね。正攻法でいくかちょっと遊ぶか、その人の性格や普段の接し方にもよりますが渡すほうも楽しめればいいですよね。

(Photo by 足成)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130121100425 50fc941993657

本記事は、2013年01月23日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る