生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 大人数忘年会で盛り上がる「いつどこで」ゲーム

大人数忘年会で盛り上がる「いつどこで」ゲーム

2010年10月21日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

実はこれ、子供の頃なにか集まりがあると遊んでいたゲームです。大人になってやりたいと思っていたのですが、あまり大人数の忘年会に縁がないので、やる機会がありませんでした。

ゲームといっても、勝者も敗者もありませんが、とにかく笑えます。

幹事さんが用意するもの

  • 人数分の短冊状の紙(x回数分) 失敗コピーの裏などを切っても
  • 人数分の筆記用具

遊び方

紙を配ります

全員に一組ずつ、筆記具と紙を配ります。(幹事さんに余裕があれば紙を5等分に折っておいてください。配ってから折ってもらっても)

号令をかけます

幹事さんが「いつ?」といったら、一斉に一番上に「思いつくままの時間(When)」を書きます。書いたらその部分だけ、後ろに折ります。

紙を回します

書いたら、隣に座っている人に回します。その際前の人が書いたものを見てはいけません。

あとは↑を繰り返して、「いつ」「どこで」「だれが」「だれと」「何をした」を完成させます。五人目で書き終わったあと、隣に渡して終わりです。よくある輪になってやる、プレゼント交換の方法と一緒です。

発表します

幹事が回収して読んでもいいのですが、大人数の場合マイクを回して持っている紙を読んでもらってもよいです。

芸能人や歴史上の人物など、誰もが知っている人物でも良いのですが、できればその場にいる人の名前だと盛り上がります。お酒が入っているので、普段読んでもぜんぜんおもしろくないことでも、ウケるでしょう。

例:「2000年」「社内で」「社長と」「私が」「おいしゃさんごっこをした」
「きのう」「居酒屋○○で」「○○くんのおかんと」「隣のおじさんが」「メルアド交換した」

など、思いがけない単語が出てきて、爆笑を誘うでしょう。

おわりに

持っていた紙が一番ウケた(ただの運ですが)人に、なにか賞を贈ってもいいかもしれません。5人くらいいればできますが、何十人もいると誰が書いたかわからないので、より楽しいでしょう。

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20ca689d d22a 4840 b9fb 1759a7d748c8
  • 20101021080047
  • 20101021080953

本記事は、2010年10月21日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る