\ フォローしてね /

疑問点を見つけて上手に質問する方法

「質問をする」ということは、問題点を見抜いていることのあらわれです。少なくとも、本当に何も分かっていない状態では、質問したくても質問ができないものだからです。

問題点とは、客観的である必要がありません。個人的で良いのです。個人的な「疑問点」こそが、質問の原動力になります。

つまり「的外れ」でOKなんです。そんな「的外れ」を正してもらうことが、「質問」の本来の目的だと考えてみてください。

ポイント1 質問を考えてみる

理解したいなと思うポイントがあったら、質問を考えてみましょう。相手に対して、どのような質問をすれば「質問」として対処してくれるのか。考えることが実は大切です。

コツは「私気持ち」です。「私の気持ち」を相手にふづける感覚です。

「私は、こう感じた。こう思った。でも、これでは違うらしい。なぜだろう」そこから質問は生まれてきます。

ポイント2 疑問点を見つけよう

質問とは、あくまでも「疑問」があってこその質問です。疑問点を見つけることが、質問をする根拠になります。

「疑問点」とは、「不思議に感じること」と思ってもかまいません。なにもテスト問題を考えるわけではありません。なにが不思議なのか、どんなふうに不思議なのかを考えてみましょう。

相手にとっての不思議ではなく、あくまでも「自分にとって」の不思議だということを忘れないで下さい。

ポイント3 予測を立ててみよう

自分の中で回答の予測を立ててみましょう。このとき正解かどうかにこだわる必要は、まったくありません。むしろ、間違っていて当然なのです。

間違っている答を考え出してしまうことに躊躇せず、どんどん発想を心掛けましょう。

おわりに

最初から上手な質問を心掛けなくても、質問の「回数」が、質問能力を高めていってくれます。

まずは「疑問点」を見つけましょう。見つからないときは自分で作り出すことがポイントです。的外れ大いに結構です。

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。