生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7. 冬におすすめ!室内干しを早く乾かすポイント

冬におすすめ!室内干しを早く乾かすポイント

2013年01月22日更新

 views

お気に入り

はじめに

雨の日の室内干しで早く乾くように実践していることをご紹介します。

用意するもの

  • 洗濯ハンガー
  • 洗濯スタンド 高さ50センチくらいのスチール製のもの
  • 電気ストーブ 450ワット・950ワットの切替あり 首振り機能付き

実践しているポイント

STEP1 小物はスタンドに

小物類や、乾きやすい物をスタンドに並べます。

スタンドはハンガーの下に置きます。

STEP2 ハンガーには大きい物を

大きい物はハンガーに吊るします。

STEP3 ストーブの活用

スタンドの前にストーブを置いて首振りで運転します。

ストーブの機種により、ストーブと洗濯スタンドの距離は加減してください。著者は50センチほどあけて首振り運転し、必ず目の届く所で使っています。

工夫していること

  • 洗濯物がなるべく重ならないように

洗濯物の丈が長い物と短い物と交互にくるように干します。また、厚い物と薄い物を交互に干します。

例えば、同じ大きさのタオルばかりを並べて干すのではなく、長いタオルの次には短いハンカチを干したり、厚物のトレーナーは短くて薄いランニングシャツと並べて干します。

こうしておくと、限られたスペースの室内干しでも洗濯物の間が少し空いて温風が通りやすくなります。

  • こまめに向きを変える

洗濯物の前後や上下を時々返し、また裏表も返してまんべんなく温風があたるようにします。

おわりに

いかがでしたか。

雨の日の洗濯物は悩みのタネですが、他の家事をしている間に早く乾くと嬉しいですね。

参考になりましたら幸いです。

(Photo by著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130121084235 50fc80eb9142d
  • 20130121084340 50fc812cac64b
  • 20130121084616 50fc81c813bc9
  • 20130121084719 50fc8207f381a
  • 20130121084827 50fc824b176f9

本記事は、2013年01月22日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る