生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon housing不動産・住宅

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 夫婦で決めた16年も満足している物件の条件

夫婦で決めた16年も満足している物件の条件

2013年10月31日更新

 views

お気に入り

はじめに

結婚した筆者夫婦は、新居のための賃貸物件を探していました。筆者たちの希望条件と実際にどのような物件を選んだのかをご紹介します。

物件を決める前に希望した条件と実際に選んだ物件

1.新築~築2~3年以内

筆者たち夫婦は、1度入居したら、できるだけ同じところに長く住みつづけたいと考えていました。ですので、建物や設備が古くなって途中で退出することにならないよう、なるべく新しい物件を希望しました。

  • 実際に選んだ物件は

築2年の物件に決めました。筆者たちの部屋は、筆者たちで2家族目でした。前の家族は転勤が決まって退出することになったようで、その部屋に問題があったわけではありませんでした。

2.1階以外を希望

やはり防犯上、1階は避けたいと思いました。空き巣以外にも、のぞきや、子供のピンポンダッシュなど、ちょっとしたイタズラも、1階の方が多いかと思います。

  • 実際に選んだ物件は

木造2階建てアパートの2階に決めました。隣の棟の同じ形のアパートの1階の部屋に空き巣が入ったので、やはり2階で正解だったと思いました。

16年暮らして、同じアパート内に空き巣が入ったのは、その1度きりです。

3.会社から車で30分以内の通勤圏内

筆者たちは同じ会社に勤めていましたが、通勤には時間をかけたくないタイプでした。毎日のことなので、往復1時間も通勤に使うのは、もったいないと話していました。

  • 実際に選んだ物件は

会社まで、車で20分です。その後、筆者は退職しましたが、夫は健康のため、晴れた日は自転車で通勤をしています。それでも片道30~40分で行けます。

4.駐車場は車2台借りられる

車が無いと暮らせない土地だったので、大人1人につき車1台が必要です。よって駐車場に余裕のある場所を希望しました。

  • 実際に選んだ物件は

2台以上借りられます。駐車代は、1台目は家賃に含まれており、2台目からは家賃に3000円追加となります。

5.家族が増えても暮らせる

筆者たちは、一戸建てを立てる予定はなく、一生賃貸のつもりでした。子供が増えても、なんとか暮らせるだけの部屋数を希望しました。また、近くに保育園・幼稚園、そして小学校があることが望ましいと思いました。

  • 実際に選んだ物件は

部屋は2LDKです。夫婦二人だと多いけど、家族4人の現在では、ちょっと狭いなという感じです。

歩いて5分のところに保育園。車で3分のところに幼稚園。歩いて10分のところに小学校がありました。結局、子供たちはその幼稚園と、小学校に入学しています。通学路は歩道が確保されていて安全です。

6.お風呂の追い炊きができる

風呂好きの夫の希望でした。

  • 実際に選んだ物件は

入居当初は、追い炊きのできないお風呂でした。しかし、入居13年目くらいに、工事を行って、追い炊き可能の風呂になり、遅ればせながら希望が叶いました。

7.日当たりが良い

日当たりは、そこに住む人間の寿命にも影響するそうです。洗濯物も乾くし、部屋が明るい方が、明るく過ごせると思いました。

  • 実際に選んだ物件は

日当たり良好です。南側は芝生の空き地になっているので、部屋の奥まで日が届きます。洗濯物に加え、布団も南側に干して、さっぱりしています。

しかし、前の空き地に家が建ったら、日当たりも悪くなると思います。その日が来ないことを願っています。

一戸建てや両親との同居が多い土地柄で、アパート物件は少ないと思いますが、不動産屋を通して探し始めて、なんと1件目でほとんど、希望条件を満たす物件を見つけることができました。入居してから16年が経過していますが、満足し続けています。

今になって思うこと

1階がうらやましい時期も

防犯上1階は避けていましたが、妊娠中や出産後、子供を抱いて階段を上ったり、ベビーカーを運んだりしているときは、1階がうらましかったです。

西側は西日の影響が大きい

部屋は西側に位置しているので、西日が強く、特に夏は暑くて、室内が日焼けするほどです。西側のカーテンは明らかに、すぐ劣化します。西側の壁は、部屋の内側から触っても熱さを感じます。

最上階は上からの太陽熱も伝わる

さらに、2階建ての2階に住んでいるので、筆者たちの上は屋根です。よって夏は強い日差しが当たって、その熱が部屋に伝わり、室内気温はぐんぐん上昇します。上階にもう1部屋あると、かなり違うのではないかと思います。

買い物が便利から不便に

入居当初は、アパートの隣がスーパーだったので、買い物はとても便利でした。しかし、入居10年目くらいに、お店をたたんでしまい、今では車で買い出しに行っています。

階下の人には気を使う

子供が大きくなり、部屋の中で走り回るようになると、階下の人に気を使います。

階を合わすたびに、一言おわびをし、時折、頂き物のおすそわけそしました。階下にもお子さんが生まれてからは、お互いさまで、気楽になりました。

防災の想定

大地震があると津波が発生する地域です。しかし、震災後の津波の見直しをされた後でも、筆者のアパートまでは、津波は到達しないと予想されました。

筆者たちが物件を選ぶときは、頭になかった条件ですが、現在は、津波、地盤の強度、建物の耐震性もチェックした方が良さそうです。

おわりに

長い間、同じところに住んでいると、いろいろなことがあります。入居当初は満たしていた条件が、その途中で満たさなくなることもあれば、その逆もあります。

予想不可能なこともあることを頭に入れて、希望の80点を満たせばOKを出すくらいで、ちょうど良いかもしれません。みなさんの参考になればと思います。

(photo by 足成)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130120210852 50fbde54ae6f7

本記事は、2013年10月31日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る