生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7. シミを防ぐ、取る!おしっこの汚れ対処法

シミを防ぐ、取る!おしっこの汚れ対処法

2013年01月21日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

子どもがいると、おもらしでオシッコの汚れが発生しやすいもの。また特に男の子の場合、おもらしはしてなくても前の部分が汚れて来たりします。

ここではそんな場合、シミを防ぎ、またできてしまったシミをとるための方法をご紹介します。

用意するもの

  • バケツ
  • スプレー式の酸素系漂白剤
  • 液体洗剤もしくは、アルカリウォッシュ

アルカリウォッシュとは

炭酸ナトリウム(炭酸ソーダ)と重曹の複塩。両者の中間的な性質を持っています。成分は皮脂や血液汚れに強いセスキ炭酸ソーダ100%。ワイシャツの襟袖汚れのプレケアやつけおき洗いに使えます。ドラッグストアやネットで入手できます。

ネットでの購入はこちら Amazon-アルカリウォッシュ

おしっこ汚れの落とし方

STEP1:水洗いをする

おしっこ自体は無菌ですが、放置しておくと雑菌の温床になり、アンモニア臭やシミの原因にもなります。おもらしなどしたらなるべくすぐに水ですすぎ、軽く絞ります。

STEP2:つけおきをする

液体洗剤またはアルカリウォッシュを溶かした水に、汚れた下着などをつけおきしておきます。STEP3にうつるまえに、軽く手でもみ洗いしておくと良いです。

すぐに洗濯できる場合はこのSTEPは不要です。

STEP3:洗濯機で洗う

お手持ちの洗濯機の指定に沿って洗います。子どもの綿の下着なら標準コースで十分です。

番外編:ついてしまったシミに…

それでも、シミがついてしまったり、男の子のパンツ前部の汚れなど知らず知らずシミになってしまった場合は、以下の方法を試してみてください。

黄色くなった部分にスプレー式の漂白剤をかけておきます。その後、通常通りに洗濯するとシミが薄くなります。

注意点

  • 水洗い後はしっかり絞っておきましょう。何度かすすぎ、おしっこが残らないようにしておきます。
  • つけおき時間は、半日を超えないようにしましょう。異臭の原因になります。

おわりに

いかがでしょうか。オシッコの汚れは、仕方ない部分もありますが、綺麗になるとさっぱりします。是非工夫して、清潔に洗ってあげてくださいね。

(Photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130120073523 50fb1fab038da
  • 20130120060655 50fb0aef77b5f
  • 20130120073252 50fb1f1405876
  • 20130120061454 50fb0cce01c16
  • 20130120061707 50fb0d53266ad
  • 20130120062112 50fb0e484f153

本記事は、2013年01月21日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る