生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7. 安全&健康第一!ウォーキングコースの選び方

安全&健康第一!ウォーキングコースの選び方

2016年05月11日更新

 views

お気に入り

はじめに

筆者は、毎朝30分程度ウォーキングをしています。気をつけているのは、安全と健康です。筆者のこれまでの経験から、良いと思うコースの選び方をご紹介します。

交通量の少ない時間帯を選ぶ

筆者は交通量の少ない早朝にウォーキングを行います。朝の新鮮な空気が吸えますし、車の排気ガスをたくさん吸わなくてすみます。

また、交通量が少ないため、自転車や車との接触事故等のリスクを減らすことができます。最近、ウォーキングする人の事故が多いようなので気をつけて下さい。

おすすめは、早朝ですが、

深夜にウォーキングする場合は、事故防止のため、反射材等を身に付けた方が良いでしょう。

歩道が確保されている場所を選ぶ

歩道がキチンと確保されていない道路があります。こういう道路は危険ですので、できるだけ避けます。

また、歩道が狭く、歩行者と自転車が狭いスペースで入り乱れているような状況の場所はさけた方が良いでしょう。

自転車との接触事故は多いようです

歩きやすい路面を選ぶ

路面の劣化でデコボコがあったり、穴があいていたりするような場所は避けましょう。つまずいて転んで、大きな事故に繋がることもあります。また、ウォーキングをしていて、よくつまずくようなコースは避けます。

舗装されていない土の上を歩くコースもお勧めです。筆者が利用するコースの中では、公園が該当します。コースに変化をつける意味と、脚への負担を和らげるという意味があります。

緑が多いコースを選ぶ

緑が多ければ、歩いていて気持ちが良くなります。また、空気がきれいなので、深呼吸ができます。ウォーキングの合間に、ちょっとした緑がある公園でストレッチをしても良いでしょう。

気分のリフレッシュになり、効果的にストレス解消ができます。

おわりに

複数のコースを用意しておき、その時の気分や体調によって使い分けても良いでしょう。ウォーキングは、無理をせず続けることが大事だと思っています。

(photo by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130118074347 50f87ea38ddb4

本記事は、2016年05月11日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る