生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 亡くなった方に会いに行く~秋分の日の過ごし方~

亡くなった方に会いに行く~秋分の日の過ごし方~

2013年01月19日更新

 views

お気に入り

はじめに

大切な人が亡くなってできる事は供養、手を合わせる、その人の分まで生きる。人それぞれだと思いますが筆者は秋分の日の過ごし方として以下のようにしています。

亡くなった人のお墓参りに行く

筆者の場合は母方の祖父母になります。祖父は筆者が生まれる40年以上前に亡くなったため、会ったことはもちろん声すら知りません。祖母も15年くらい前に亡くなりました。

秋分の日は時期がよい

秋分の日はお盆みたいに交通機関一般道も混雑して身動きが取れないという事はなく、反対に空いていて動きやすいです。季節も真夏のように暑くないので動きやすく、お墓詣りにも最適ですよね。

お墓は遠い、行き方が不便というならご仏壇がある家に行ってください。筆者もそうしています。

お参りではなく会いに行く

筆者はよく母と二人で行きます。祖父母の家に行く時は生前2人が好きだった物を持っていきます。

和菓子が好きだったので1000円以上1500円以内の和菓子を前日か当日の向かう途中で和菓子店に寄り、箱詰めにしてよく持って行きます。

ご仏壇のある家に着いたら

ご仏壇のある家にもし親戚の人等がいるなら挨拶しましょう。

ご仏壇の前に座る前に

身を清める意味で洗面所に行き、石鹸で手を洗い、口を数回ゆすぎます。

実際にご仏壇に座ってから行う事

持って来たお供え物(和菓子)を線香等が乗せてある台の横に置き、そろうそくに火をつけて後線香を立てた後リンを2~3回叩いた後、手を合わせます。

だいたいの家は、ご仏壇の前で手を合わせている間に、親戚の人がお茶や茶菓子を用意しているので飲みましょう。

ご仏壇の前に座って行う事

語りかけてください

日常あったでき事(こういう物を見た、聞いた、後悔した事)とその時の思いを声には出さず目の前のご仏壇に話す。というより語りかけていきます。

筆者は語りかける時、はじめの言葉は「お祖母ちゃん、お爺ちゃん、そっちの世界で今何してるの?」です

内容はなんでもいいです。

「この前、お母さんと喧嘩した時思ってもいないことを言って、謝るとそこでまた喧嘩する場合があるから何も言わないけど本当は後悔している」や「数日前長い飛行機雲を見たんだ」等と特別なことではありません。

語りかける人がその場にいて聞いていると思ってください。
受験生の子を持つ親が「娘(もしくは息子)の事を見守っていてね」という内容ではなく「お金持ちになりたい」といった欲望丸出しの自分勝手な願いはやめましょう

帰る時

別れの挨拶として、家に来たとき同様ご仏壇の前に座ってお線香を立て、リンを鳴らしてください。手を洗ったり口をゆすぐ必要はありません。

筆者はその時、また来るではなく会いに来る、と声を出さずに言っています。

やってみてどうだったか・行ってみてどうだったか

ご仏壇の向こうから死者が現れるわけでも声が聞こえるわけでもないですが、語りかけた事で、生前の姿から想像して相手がなんて答えているか感じ取る事はできますよね。

語りかける内に感極まって涙を流しても、それは悪い事ではありません。年に一度、秋分の日には、そんなことがあってもよいと思います。

筆者は語りかけ、答えを感じ取る事で今まで胸にあったモヤモヤ感、肩の荷が落ちた気がします。

その他、秋分の日のオススメの過ごし方

亡くなった人の写真を出すまではしなくても、せめて亡くなった人を思い出してあげましょう。そうすることで会えた気持ちになります。

やり方

亡くなった方の好きだったものを朝から晩のどこかで一品ごはんのおかずを作ったり、好きな場所があったらそこに行ってみて、その人を思い出してみてください。

おわりに

秋分の日だからお墓詣りに行かないといけないと考えるとかた苦しくなるので、亡くなった人に会いに行くと考えると行きやすくなります。

(photo by 足成)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130117151939 50f797fbb62b0

本記事は、2013年01月19日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る