\ フォローしてね /

相手に意見を伝える時に効果的な方法

自分の意見を相手にちゃんと聞いてもらいたい。でも、特に反対意見を伝えたい時などは、上手く伝えられないこともしばしば…。ということは多いのではないでしょうか。そんな時に有効的なのが、「Yes,But」の話し方です。

以下を気をつけるとスムーズに進めることが出来るようになります。

まずは相手の意見を最後まで聞く

相手の主義主張を途中で遮ってしまうと、話している人は「聞いてもらえてない」と思い、反対意見に耳を貸さなくなります。どんな意見であっても、最後まで話を聞いてあげましょう。

相手の意見を受け入れる

相手の話を聞き終えたら、まずは受け入れましょう。その際に、

「なるほどね。こう考えているんだね。」

と、理解していることを相手に伝えてあげると効果的です(ここが大事です!)。

最後に、自分の意見を伝える

あくまでも、「あなたの意見は尊重します」という姿勢は崩さずに、自分の意見を伝えます。

すると、相手は自分の意見を理解し受け入れてくれているという前提があるので、すんなりと話を聞いてくれるようになります。

恋愛にも応用できる

この方法をマスターすれば、カップルの間に起きるケンカが減ることでしょう。

よくあるシチュエーションで、女性は「ただ愚痴を言いたいだけ。聞いてほしいだけ。」なのに対し、男性は「何かアドバイスを言わなくちゃいけない」と思う生き物です。アドバイスを言う手段としても

それはお前が悪い。こうするべきだ

と言われるよりも、

キミはそんなに辛い思いをしたんだね。でもこうするともっとよくなると思うけどどうかな?

と言われるほうがはるかに心に響きます。そして、本当に自分のことを考えて言ってくれているんだなぁと思うと、「なんでそんなこと言うの?!」から始まるケンカはグッと減ると思います。

さいごに

頭の中でわかっていても、実際にやってみると難しいこの手法。コミュニケーションする上で大事なことではあるので、上手くいかないなと感じたら思い出して意識してみると、何かしらが見えてくるかも。

Twitterで紹介!

(image by 足成)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。