生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon travel旅行・おでかけ

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7. バスで一直線!イタリア・ナポリからマテーラへのアクセス方法

バスで一直線!イタリア・ナポリからマテーラへのアクセス方法

2013年10月29日更新

 views

お気に入り

はじめに

イタリアには世界遺産に登録されている街がたくさんあり、中でも南イタリアに位置するマテーラの旧市街は、独特の雰囲気を放つ魅惑の都市です。

ここでは、筆者が経験したイタリア・ナポリから、世界遺産の街であるマテーラへのアクセス方法をご紹介します。

イタリア地方都市旅行の詳細

  • いつ:2011年6月
  • 期間:9泊10日
  • 宿泊先:ビジネスホテル・ホテル
  • 行程:日本→ローマ→ナポリ→ソレント→ナポリ→マテーラ→アルベロベッロ→ローマ→日本
  • 内容:イタリアの世界遺産を巡る旅

ナポリからマテーラへのアクセス方法

下記の情報は2011年6月のものです。

バスでマテーラへ

ナポリからマテーラへは、恐らく電車でもアクセスできると思いますが、筆者はリーズナブルで乗換のないバスでアクセスしました。

  • バス会社:Marinobus(ホームページはコチラ(イタリア語のみ))
  • 料金:ナポリ→マテーラ・大人1人19€
  • 所要時間:約2時間半

購入方法

Marino社のホームページを見ると、インターネットからでも予約購入できるようですが、筆者は現地で購入しました。

チケット購入場所は、ナポリ中央駅の前にあるスターホテルの並びのバール「ETTORE」内です。入り口の前には、様々な会社のチケット情報が書かれた看板が出ていたので、比較的すぐにわかりました。旅行代理店とまではいきませんが、小さなカウンターがありすぐに購入できました。

筆者はイタリア語ができないので、日付と行先、人数を書いた紙を見せるとすぐに発券してくれました。お金を払い、乗車日や時間、座席番号が書かれた紙(乗車チケット)を購入した人数分もらうと、購入完了です。

購入後は、日時や行先などに間違いがないかその場で確認しましょう。

乗車

購入時にバス乗り場はどこかと尋ねると、「駅前だ」みたいなジェスチャーをされました。

確かに駅前にはバス乗り場らしきものがあったのですが、駅前自体を工事中でごちゃごちゃしていたのと、いろいろな会社のバスが停車していたので、どこからMarino社のバスが出発するのかはわからない状態でした。

日本のように、どこのバス会社のどこ行きのバスは何番乗り場から発車する、と言うようなきちんと管理された場所ではなく、乗り場の空いているところにバスが入り、そこで乗降するような雰囲気でした。

そのため、出発時刻より早めに乗り場で待機し、Marino社のバスを見つけると(車体に大きく「Marino」と書かれていました)、そこまで行って行先を確認しました。

筆者が乗る時間には、Marino社のバスは2台停まっており、1台は別の都市に行くバスだったので、乗車前に運転手にマテーラ行きかを再度確認しました。

ナポリからマテーラまで、途中いくつかのバス停を経由して、ほぼ予定通りにマテーラに到着しました。

トイレ休憩はありませんでした。
ナポリ駅前は、筆者が訪れた時は工事中だったのですが、今はもう少しよくなっていて、バス乗り場などもわかりやすくなっているかもしれません。

マテーラ旧市街へは

バスが到着するのはマテーラの新市街で、世界遺産に登録されている旧市街のサッシ地区へは少し距離があります。筆者は、サッシ地区のホテルを予約していたので、バスを降りてからサッシ地区まで移動する必要がありました。

ホテルの予約をした際に、バスを降りてからホテルまでのアクセス方法を問い合わせると、タクシーでの移動を勧められました。歩くと時間がかかる上、荷物もあり電車の駅を探したりウロウロするのが嫌だったので、ホテルの方にタクシーの手配を依頼しました。

バスを降りると、お願いした通りタクシーの迎えが来ており、何も言わなくてもホテルまで連れて行ってくれたので、とても助かりました。タクシー代は10€でした。

バスから降りた旅行者を乗せて旧市街へ行けるよう、バスを降りた場所では別のタクシーも待機していました。マテーラでは、旅行者は恐らくタクシーでの移動が主流だと思います。

移動手段に関するアドバイス・注意点

チケットは事前に購入

筆者は、バスに乗る2日前にはナポリに到着していたので、事前にバスの乗車券を購入しました。乗車直前に買うのは、満席だった場合や購入場所を探すのに時間がかかってしまうと乗れない可能性があるので、事前に購入する方が安心です。

乗り場を確認しておく

バスに乗るまでに時間がある場合は、バス乗り場の場所をきちんと確認しておきましょう。

筆者が利用した時のように、バス乗り場の場所さえもあやふやなこともあるので、バスに乗る前に焦らなくて済むよう、事前の確認をしておくことをお勧めします。

乗車したら行先を再度確認

イタリアの別の都市でバスに乗った時もそうでしたが、行先表示がされていなかったり、前の行先の表示のままだったりすることがあります。正しい行先表示がされている場合でも、乗車したら運転手に再度行先を確認するといいです。

筆者はイタリア語がわからないのですが、運転手さんに「Matera?」と語尾を上げながら聞くと、うなずいてくれました。

異国の地での移動は不慣れなことや言葉が通じないなどのリスクがあり、国内旅行に比べると大変ですが、時間に余裕を持って行動し、事前の確認を忘れないようにして欲しいと思います。

おわりに

マテーラは、現代的な新市街を少し歩くと、世界遺産に登録されている洞窟居住地域(サッシ地区・旧市街)が突然広がり、全くの別世界を感じさせる不思議な街です。

フィレンツェやヴェネチアと言った北イタリアの有名な観光地とは地理的にも離れており、筆者自身、マテーラへの個人でのアクセスは難しいと思っていましたが、ナポリから簡単にアクセスでき、個人旅行でも十分訪れることができる街です。

筆者がこれまで訪れた街の中で、とても印象に残った場所であり、もう一度訪れたい街でもあります。

日本からのツアーでは、数時間の滞在でしか旅程が組まれていないこともあるので、個人で訪れるのであれば、最低でも1日、できるなら数日は泊まって、マテーラの不思議な世界を満喫して欲しいと思います。

(Photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130114183557 50f3d17da7691

本記事は、2013年10月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る