\ フォローしてね /

ひとり暮らしでおいしいごはんを作るコツ

ひとり暮らしで自炊するのは大変ですね。できれば時間もお金もかけずにパパッと作れてしかも美味しいもの。

キッチンの広さや調理道具がたくさんなくても作れる丼や麺を例にとって説明します。

3種の食材

1品ものを作る場合は栄養のバランスと色合いを少し考えて、できれば3種類の材料をそろえましょう。

丼もの

あっさり豆腐丼

豆腐、じゃこ、レンジでチンしたオクラにしょう油をさっとかけてできあがり。

ハムエッグ丼

ハムエッグを作る。ほうれん草をバターソテーしたものを添える。ソースとマヨネーズをかけてできあがり。

鶏つくね丼

鶏ミンチとネギをこねて平べったくフライパンで焼く。焼きあがりに麺つゆをからませる。ごはんにのせてから玉子の黄身を落としたらできあがり。

シャケ丼

鮭のほぐした身、薄切りきゅうり、海苔をちらす。麺つゆにマヨネーズをよく混ぜて上からかけてできあがり。

麺類(ソーメン、うどんなど)

ソーメンチャンプルー

豚ミンチを炒める。もやし、キムチとゆでた麺を加えさっと炒め仕上げにしょう油をからませてできあがり。

ポテチヌードル

ハムとキャベツの千切りをさっと炒めてゆでた麺にのせる。ポテトチップスを粗く割ったものをふりかけ、麺つゆをまわしかけてできあがり。

サクサク油揚げうどん

細切りの油揚げをフライパンで油なしで炒める。かいわれ大根と一緒にゆでた麺にのせ、生卵と麺つゆをからませてできあがり。

調味料で変身

ひとり暮らしは材料が余って同じメニューを余儀なくされることも多いですね。そんな時は調味料を変えてみると飽きずに食べられます。

中華風

サラダ油のかわりにごま油を使うと風味がかわります。ラー油を仕上げにたらしてもいいですね。

韓国風

キムチや七味、ごま油を使うと辛旨に。韓国海苔などあれば上等です。

イタリアン

オリーブオイルとバジル(乾燥でも)を使えば、塩だけでもヘルシーなドレッシングに。

プラスアルファの工夫

ここで紹介したメニューはシンプルでこれだけで十分美味しいのですが、もしあればプラスアルファを工夫してみて下さい。ちょっとしたものを組み合わせることでより味に深みが出て上級のメニューになりますよ。

・ごま・天かす(揚げ玉)・カツオ節・たらこ・大葉等

おわりに

ここでは比較的安い材料でヘルシーに作れるものを紹介しましたが、好きなものや好きな味で色々試してみて下さい。

材料、調味料、プラスアルファのトッピングで応用していくうちにレパートリーもどんどん増えるはずです。

失敗を恐れずとにかく作ってみて下さいね。

(image by amanaimages)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。