生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 勝率8割で食事の誘いを成功させる方法

勝率8割で食事の誘いを成功させる方法

2010年10月20日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

昔から男子が女子を食事に誘うのは、いずれセックスさせてもらうための「エサ運び」でした。

たとえその気がないにしても、女子が男子から初めて食事に誘われるというのは、女子の多くは警戒モードになります。

でも、少なくとも嫌いではない男子から、カジュアルな感じで食事に誘われるのは、女子にとってひとつのステイタスになるのです。

そこで、次の条件を満たす女子を食事に誘って、勝率8割で成功するコツを紹介します。

  • 面識があって、何度か話をしたり、飲み会で一緒になったことがある。
  • 女子はいつもごく普通に接してくれている。

心からご馳走してあげたいという気持ちを持つこと

食事に誘うときに限りませんが、何か下心があって親切にすると、されたほうは機敏に反応して、拒否モードになります。

本当に、食事をご馳走してあげることで自分がハッピーになれるという気持ちを持つことが大事です。

時間を取らせないことをアピールすること

食事のあと飲みに行こうとか、二次会でカラオケに行こうとか誘われると、女子の多くは迷惑します。

そういうのは、カップルになってからやるべきことです。

最初は食事オンリーの2時間限定といった感じで、長時間束縛しないことをアピールしましょう。

店選びはトータルで考えること

食事が美味しいというだけでは、女子は喜びません。

雰囲気が良くて、駅からそれほど歩かずに済んで、待たずにすぐ食べられる店を調べておきます。

また、メニューですが女子は一つのものをたくさん食べるよりも、多くの種類のメニューを少しずつ食べたがります。

その中で、「この店は、食後のデザートが絶品」といったようなアピールポイントを探しておきましょう。

ビュッフェレストランは食べ方が汚くなるので、いくら種類が豊富でも避けたほうがよいです。

高級店やファミレスは避けましょう。

高級すぎる店は、明らかに不自然ですし、ファミレスに誘うのは失礼です。

また、エスニックや韓国料理のような好みが分かれるレストランも避けたほうが良いでしょう。

創作料理や和洋折衷レストランのような無難な店を探しておきましょう。

おわりに

女子にとっては、男子が全部お膳立てをしてくれて、何も考えずに食事ができて、楽しい会話ができれば安心するのです。

断られたら、断られたで二度と誘わないというくらいの、気軽な気持ちで誘ってみれば、おおむね勝率8割で誘いに乗ってくれるでしょう。

本記事は、2010年10月20日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る