生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon moneyマネー

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 年1万ポイントも可能!店舗での上手な楽天カードの使い方

年1万ポイントも可能!店舗での上手な楽天カードの使い方

2013年01月16日更新

 views

お気に入り

はじめに

筆者はいくつかクレジットカードを持っていますが、その中でも還元率の良いのが楽天カードです。

さらに、楽天カードと同じ楽天系列の、楽天Edyという電子マネーをうまく使って、日々の買い物をします。

店舗での買い物以外にも、自動車保険、毎月ある公共料金や習い事の引き落としなどカード払いにできるものは何でも支払い、ポイントを貯めます。

楽天カードを使用し始めた経緯

筆者は以前は他社のクレジットカードで日々の買い物や、公共料金の支払いをしていました。

しかし、クレジットカード会社のポイント還元率やサービスも落ちてきており、還元率も悪くなるばかり。

新しいカードに乗り換えようと思い、調べた結果、還元率が1%の楽天カードが目につきました。

還元率1%とは、クレジットカード利用100円で楽天カードであれば楽天スーパーポイントが1ポイント(1円相当)が付与されるという仕組みです。楽天スーパーポイントが貯まると、楽天市場などの楽天グループで使用できます。

楽天カードに変えて良かったこと

筆者が以前に使っていたカードは、還元率が0.5%でしたので、2倍ポイントがたまりやすくなりました。

普段する買い物100円につき1ポイント貯まるというのはとても魅力的でした。

また、ポイント加盟店舗では100円につき、3ポイント貯まり、とてもお得です。

また、主人のカードも楽天カードにして、筆者のカードを主人の楽天カードの家族カードにしたため、主人がコンビニなどで少額の買い物をしても、クレジットカードで支払うようにしてもらい、家族の支払が楽天カードで一本化され、ポイントはさらにたまりやすくなりました。

筆者の家では月に店舗では少ない時で3万円ほどクレジットカードを使用します。店舗以外の支払も合わせると、年間で60万円~100万円ほど使用します。

つまり、年間で6000~10000円分ほど楽天ポイントがたまります。

年会費は不要です。これも大事な要素でした。

新規で楽天カードを作る際は条件をクリアすると、5000ポイントほどをゲットできる入会キャンペーンをだいたい年中やっているように思います。筆者も入会キャンペーンのポイントをゲットしました。

また、クレジットカードではありませんが、電子マネーの楽天Edyでも楽天ポイントがたまります。

Edyを200円使用すると、1円分の楽天ポイントが貯まります。還元率は楽天カードを使用した時より若干落ちますが、クレジットカードは使えないけれどEdyなら使えるお店がある時に便利です。

おわりに

どうせ同じ金額を支払うなら、ポイントをためて得をしたいと思いませんか?

楽天カードなら還元率も良くてポイントをためやすく、使いやすいEdyなら日々の買い物をスピーディに済ませられ、しかもポイントも貯まります。

筆者もまだまだ未熟ですが、賢い消費者になりたいものです!

(キャプチャ by 筆者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130116164934 50f65b8e3415f

本記事は、2013年01月16日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る