生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon moneyマネー

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 損切りは素早く、我慢して利益確定する株式売買ルールの作り方

損切りは素早く、我慢して利益確定する株式売買ルールの作り方

2016年05月11日更新

 views

お気に入り

はじめに

筆者の株式の売買ルールについて、ご紹介します。

やってはいけないことを失敗から学ぶ

「投資資金を失うこと」これが、最悪のケースです。買った株が思惑に反して下がってしまった。まぁいいや、しばらくしたら戻るだろうと放っておいたら半分以下になってしまった・・・

これは誇張ではなく、デフレ下では普通にあるケースです。こうなってしまうと、もう身動きがとれずどうしようもありません。トレンドが変わって、株価が上がり始めたとしても、それに乗ることはできません。

このケースでは、投資資金を失ったと同時に、投資機会も失っているのです。筆者もこの罠に陥り、何度か辛酸をなめました。これではダメだと思い、考えたのが以下ご紹介する手法です。

損切りは素早く、我慢して利益確定する株式売買ルールの作り方

損切りはすばやく行う

買った株が思惑に反して下がり出した・・・単なる調整ではなさそうだ、どうもおかしいと思ったら、すばやく損切りをします。機械的に○○%下がったら損切りをするというルールを決めている投資家も多いようです。

要は、最小限の失敗で抑えるということです。損失が小さくて済みますので、投資資金や投資機会を失うということがありません。

我慢して利益確定する

思惑通り上がった場合はどうでしょうか?少し上がったら、すぐに利益を確定する投資家もいますが、これでは、ある意味「損切り」と同じことになります。つまり、(この場合は)利益を最小限に抑えていることになるのです。

利益が乗った場合は、それをできるだけ伸ばすことを考えた方が良いでしょう。すなわち、我慢が必要です。

負ける回数が多くて良い

失敗する投資家は、逆のことを行っています。「損」を我慢して、「得」を我慢しない。

そのため、「損」の回数は少なくて済みますが、額が大きくなります。逆に、「得」の回数は多くなっても、額が小さくなります。これでは、トータルで利益を出すことはできません。

勝った回数<負けた回数 で問題なし

メリット・注意点

上述の考え方で取引を行った場合のメリットは、投資資金・機会を失わずに済むということです。ただし、短期間で相場が急変した時、上手く対応できないこともあります。

あくまでも、筆者の考え方・ルールであり、読者の方に推奨しているわけではありません。参考程度にお考え下さい。

おわりに

他人の投資方法を参考にして、自分なりの投資手法を確立して下さい。投資は自己責任です。

(photo by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130116083409 50f5e771e0ab4

本記事は、2016年05月11日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る