生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon moneyマネー

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 楽天銀行をお得に活用する方法

楽天銀行をお得に活用する方法

2013年10月31日更新

 views

お気に入り

はじめに

場所や時間の制約を受けずに入金や振込が可能になるのがインターネットバンキングの良いところ。

中でも筆者は楽天の各種サービスとの連携に優れた「楽天銀行」を活用しています。

ここでは楽天銀行の振込、その他の手数料を少しでもお得に活用するやり方についてお伝えします。

裏技や抜け道的な方法ではなく、普段の生活の中で基本的に誰でも可能なやり方に絞ってお伝えします。

楽天銀行でATM手数料・振込手数料を無料にする方法

楽天銀行でATM手数料、振込手数料を無料にする方法は、楽天銀行で口座を開設し、会員ステージをVIPに引き上げることです。

正確には全てが無料になるわけではありませんが、ATM利用手数料は月5回まで、他行振込手数料は月3回まで無料になります。

一般的な銀行利用シーンを考えれば必要十分な回数かと思います。また、楽天銀行口座同士の振込は会員ステージに関係なく無料です。

楽天銀行には預金額や利用サービス内容に従って「会員ステージ」を設定し、優遇内容を決めています。

会員ステージをVIPに引き上げるためには以下の条件のいずれかを満たすことが必要となります。

  • 資産残高が100万円以上あること
  • サービス利用レベルが150レベル以上に達していること

100万円以上の余裕資金が無い方も、下の「サービスレベル」を満たすことは実は簡単です。

サービスレベルを満たすには

給与振込+引き落としを活用します。そして、下記の二つの条件をどちらも満たすことです。

  • 給与振込口座を楽天銀行口座に変更する
  • 毎月の引落(クレジットカード、プロバイダなど)口座を楽天銀行口座に変更する

上記二点を満たすだけで、ATM手数料、他行振込手数料などを大幅に削減してネットバンキングを活用できるようになります。

楽天銀行の会員ステージが反映されるのは各種設定完了の翌々月からになる点留意が必要です。

おわりに

筆者は住宅ローンを利用しているためにATM手数料が無料の三菱東京UFJ銀行口座と楽天カード、楽天証券との連携利用によるポイント付与メリットが大きい楽天銀行、二つの手数料無料の口座を使い分けています。

楽天銀行の他にも預金額、契約内容等に応じて手数料無料を設定している銀行は多いので、ご自身の現在持っている銀行口座のホームページなどよく見返した上で、ライフスタイルに合わせて賢く使い分けることをお勧めします。

(photo by 筆者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130113183728 50f28058be7e8

本記事は、2013年10月31日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る