生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon childcare育児・教育

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. ベビー用帽子の失敗しない選び方

ベビー用帽子の失敗しない選び方

2016年05月11日更新

 views

お気に入り

はじめに

防寒や日焼け対策の為にベビー帽子を使用していますか?またどのような基準で選んでいますか?

今回はベビー用帽子の失敗しない選び方を紹介します。

ベビー用帽子の失敗しない選び方

ポイント1: サイズの合わせ方

一言に「ベビー帽子」といっても、ちゃんとサイズがあります。赤ちゃんの成長の過程に合わせて選んでいきましょう。サイズや何歳向けなのかは商品タグなどを参考にしてください。

下におおよその目安を記載しますので参考にしてくださいね。

  • 40~44cm:0ヶ月~6ヶ月
  • 46~50cm:6ヶ月~3歳

こちらはあくまでも目安の1つですので、赤ちゃんのサイズを事前に確認してお店に向かうようにしましょう。

ポイント2: 冬場は耳当てつきがオススメ

耳当てつきの帽子をオススメします。特に冬は寒さから赤ちゃんの耳を守ってくれるという利点があります。

また耳の部分が垂れているほうが、安定感があって帽子が脱げにくくなります。

ポイント3: 柔らかい素材を選ぶ

帽子を嫌がりすぐに取ってしまう赤ちゃんも多いですね。そういう赤ちゃんにはなるべくフワッと柔らかい素材の帽子を選んでみましょう。肌に当たる感覚が優しいほうが、赤ちゃんは違和感なく被ってくれることが多いです。

ポイント4: デザインも大事

可愛さだけで帽子を選ぶのは良くありませんが、最終的にはやはりデザインも気になりますね。赤ちゃんが気に入ってくれるような動物をモチーフにしたもの、カラフルなものを探してみましょう!

オススメの商品

ZOOMIC☆お耳もあったかふわふわニット帽

動物をモチーフにした帽子です。耳当て着きで暖かく、価格も990円と良心的です。

耳あて付きリバーシブル帽子

シンプルなリバーシブルの帽子。可愛いアニマル柄なども良いですが、大人でも使えそうなデザインのかっこいい帽子です。

おわりに

いかがでしたか?一言にベビー用帽子といっても種類豊富で悩んでしまいますよね。参考になればうれしいです。

(photo by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130113161816 50f25fb8570de

本記事は、2016年05月11日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る