生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7. 手を添えた首のストレッチ法

手を添えた首のストレッチ法

2013年11月01日更新

 views

お気に入り

はじめに

同じ姿勢のままでいるのはよくないそうですが、テレビやパソコンに夢中になると、ついつい長時間固まってしまいがちです。首が疲れたと思うときには、手を添えた首のストレッチがおすすめです。

ストレッチの方法

ゆっくりと呼吸をしながら、次の3つのストレッチをします。1つ15~20秒やりましょう。

1:前に倒す

頭の後ろを両手で押さえます。

あごが首につく程度に前に押します。

2:右に倒す

右手を左の耳の少し上くらいにあてて、右肩の方に押します。

3:左に倒す

左手を右の耳の少し上くらいにあてて、左肩の方に押します。

息を止めないでください。酸素をたくさん含んだ血液が流れることが、ストレッチでは重要です。

おわりに

「いたきもちいい」感じに押すのがちょうどいいと思います。曲げたときに痛みがひどいと、炎症を起こしている可能性があります。痛いときにはストレッチをせずに、湿布などで安静にして下さい。

(photo by 著者)

(photo by 足成)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130114172809 50f3c1991465d
  • 20130114173655 50f3c3a70bfad
  • 20130114173730 50f3c3cac4569
  • 20130114173807 50f3c3ef31c37
  • 20130114173923 50f3c43b82761

本記事は、2013年11月01日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る