生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon moneyマネー

  1.  
  2.  
  3.  
  4. クレジットカードを持つとき、これだけは注意してほしいこと3点

クレジットカードを持つとき、これだけは注意してほしいこと3点

2010年10月19日作成

 views

1枚持っていると便利なクレジットカード。
現金を持っていないときの頼み綱にもなるし、大きな買い物もできる。その上、ポイントも貯まる…。
その反面、つい使いすぎてしまうのも事実ですよね。

今回は、クレジットカードを持つときに注意してほしい点を3つご紹介します。

目次

【1】 ウェブで明細を閲覧できるようにする

まず、カードの明細をウェブで見られるようにしておきましょう。 カードは現金と違って手持ちがなくならないため、「自分がいったい今いくら使っているのか」があやふやになりやすいのです。それを防ぐためにも、ウェブで手軽に利用状況を確認できるようにしておくことは大切です。

もちろん、カードの明細ページにブックマークは忘れずに。

ただし、使った金額がリアルタイムに反映されるわけではありませんので注意。

【2】 カードの家計簿をつける

【1】の注意点で書きましたが、ウェブ上には使用金額がリアルタイムに反映されるわけではありません。今の使用状況を正確に把握するためにも、支払日にものすごい金額を請求されないためにも、家計簿をつけるのが良いでしょう。

家計簿と言っても、日付と金額だけをノートにメモしておくだけでOKです。 1週間ごとに見直して、どれだけ使ったかを把握しておくと次の週の参考になりますよ。

できれば、カードを使ったお店名も記録しておくと【3】で便利です。

【3】 支払金額確定通知を受け取るようにする

毎月の支払金額が確定したらメール通知するサービスを各カード会社で実施していますので、そちらに登録しておきましょう。支払金額をすぐにチェックできます。

さらに、確定通知を受け取ったら、【1】(ウェブの明細)と【2】(カードの家計簿)を見比べることをオススメします。 請求金額と使用金額を比べられるのでクレジットカード詐欺対策になりますし、「今月は○○に使いすぎたな」という風に来月からの参考材料にもできますよ。

見比べるためにも、【2】の家計簿にはカードを使ったお店名を記録しておくと便利です。

おわりに

クレジットカードを持つときに注意してほしい点を3つご紹介しました。便利な反面使い過ぎやすいクレジットカードですが、自制する手段を持って賢く利用したいものですね。

本記事は、2010年10月19日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る