生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon travel旅行・おでかけ

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 初めてのパスポートの取り方

初めてのパスポートの取り方

2013年10月29日更新

 views

お気に入り

海外旅行をするにあたって絶対必要になってくるのが、そう、パスポートです。

種類も一つではないし、手続きも色々工程を踏まなくてはいけなし、よくわからない。そもそもパスポートってどれくらいでできてくるの!?

・・・と、いろいろな疑問を抱えている、そんな人のために、パスポートについて簡単にわかるようまとめてみました。

旅行前にこちらもチェック!
海外旅行保険のハウツー

パスポートの種類は?

パスポートも種類があるのをご存知でしたか?種類は以下のとおり2種類です。

5年間有効のもの11000円

2006年3月20日よりICチップ内蔵のパスポートになることに伴い11000円になりました。

10年間有効のもの(20歳未満は取得不可)16000円

2006年3月20日よりICチップ内蔵のパスポートになることに伴い16000円になりました。

パスポートの申請場所は?

基本、申請は自分が住民票を登録している都道府県の旅券課で行います。

申請窓口は県庁の本庁内に設置されている場合が多いですが、ほとんどの都道府県でそれ以外にも申請窓口を設けています。

詳しくは以下のサイトをご覧下さい。

住民票を登録している都道府県以外でも申請可能?

今住んでいる場所(居住地・居所)に住民登録が無いが学生・長期出張者(いわゆる単身赴任等)の方で、パスポートを発行したいが、住民票のある所に帰る時間がない、という人は居所での申請が可能です。

居所申請の条件

  • 1:一時帰国者(提示資料例:Visa、再入国許可のあるパスポートなど)
  • 2:学生及び生徒(学生証、在学証明書などを提示)
  • 3:概ね、6ヶ月以上の長期出張者及び単身赴任者(居所の記載のある会社の身分証明書などを提示)

必要とされる書類

  • 1:居所申請申込書
  • 2:居所証明書
  • 3:一時帰国者居所申請申出書

などがあります。

申請時に必要なもの

申請場所はわかった!では何があれば申請できるのか?

  • 1: 一般旅券発給申請書 1通(各都道府県旅券課・各市区町村役場または旅行会社にて入手)
  • 2: 戸籍抄(謄)本 1通(6カ月以内に発行のもの)(※1)
  • 3: 身元確認の書類【コピーは不可】(運転免許証や保険証、有効期限内のパスポートなど。)
  • 4:写真1枚(たて4.5cm*よこ3.5cm。6カ月以内に撮影した物、無帽正面上半身)
  • 5: 居所申請の人は、住民票の写し(申請日前6か月以内に発行されたもの、1通)も必要
(※1)同一戸籍内にある2人以上の方が同時に旅券申請する場合は、戸籍謄本は1通でできます。(例):夫婦で一度に申請のような場合。ちなみに郵送で戸籍抄(謄)本を請求する場合、送り返してもらう住所は住民票がある住所にしか送ってくれませんので注意してください。

詳しくは以下のサイトをご覧下さい。

申請人が未成年者等の場合の注意点

申請人が未成年者等の場合、申請書裏面の法定代理人署名欄に署名を入れなくてはいけません。

  • 1: 法定代理人が遠隔地に住んでいる等署名が困難な場合には同意書を添付しなくてはなりません。(同意書は各旅券窓口に用意)
  • 2: 親権者と子どもの姓が異なると親権者の戸籍が必要になることがあります。
  • 3: 15歳未満で本人の身元を確認する書類がない場合、法定代理人(親権者等)の身元確認の書類の提出があれば本人の身元確認書類は省略できます。

パスポートが発行されるまでにかかる期間は?

申請はばっちり♪後はパスポートができてくるのを待つだけ。そういえば、パスポートってどれくらいで発行されるんだろ?

申請から受領までは、申請した日から数えて土・日・祝日等休日、および年末年始を除いた6日目以降で、おおよそ1週間から10日が目安になります。

申請からしばらくすると、申請時に提出したはがきに交付日が記載されて送られてきます。
筆者の友人でパスポートの発行が間に合わず、グループで一人だけ日本に置いてけぼりになってしまった子がいました。パスポートを発行する際には、余裕を持って早めに発行しておくようにしましょう。

受領時に必要なもの

ここまでくれば一安心♪ ハガキが送られてきてあとは取りに行くだけ。取りに行く際、持ってかなければいけないものは?

  • 1:受領書(申請時に渡される)
  • 2:手数料
現在は申請時も受取時も「ハガキ」は必要ありません

手数料はいくら?

  • 5年用は11000円(9000円分は収入印紙・2000円分は都道府県証紙で納入)
  • 10年用は16000円(14000円分は収入印紙・2000円分は都道府県証紙で納入)

上記の金額が必要になります。収入印紙などは発行場所で購入が可能です。

12歳未満のこどもは6000円(4000円分は収入印紙・2000円は都道府県の証紙で納める。)
収入印紙・都道府県証紙は申請窓口付近で売っているので申請に行ったときに確認しておくとをお勧めします。

おわりに

一見大変そうに思えるパスポートの発行もやってみれば簡単です。

パスポートがなければ海外旅行には行けません。日本から出国することができません!余裕を持って申請・受領しに行きましょう!

パスポート用にも使える証明写真を30円で作ろう!

パスポート申請、結構手数料がかかりますよね。少しでも節約するために、証明写真を安く手に入れましょう!

上記の方法は、パスポート用にも利用できます。詳しくはこちら→ 「Q6: デジタルカメラで撮影した写真はパスポート用に使えますか?|よくあるご質問(Q&A)」

この記事で使われている画像一覧

  • 20091113182403

本記事は、2013年10月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る