生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 元日こそ映画?元日に映画を見て楽しむ方法

元日こそ映画?元日に映画を見て楽しむ方法

2013年01月13日更新

 views

お気に入り

はじめに

元日は、初詣や初売りに行く人が多いかもしれません。ですが、著者は元日から映画を見ることが多いです。元日こそ映画館に行って楽しむ方法を紹介します。

元日に映画を見る理由

著者が元日に映画を見る理由は、毎月1日が映画の日なので1月1日も1,000円で映画を見ることができるからです。(参考→Wikipedia

もともと12月1日が映画の日で、全国で1,000円で映画を見ることができる日だったのがはじまりのようで、著者が住む地域では、毎月1日が映画の日。地方やシネコンによってはそうでない地域もあるようですが、著者が住む地域では1月1日にも1,000円で映画を見ることができます。

他の月の1日は平日だったりして都合がつかないことが多いですが、1月1日なら祝日なので家族全員がお休みです。そのため家族で映画を見ることができ、お正月から映画館で映画を安く楽しむことができます。

映画を楽しむコツ

事前に用意しておくこと

人気の映画は、他の人も見たいと思うものです。そのため映画のチケットはインターネット販売などで事前に予約購入しておきます。大抵2週間前にはチケットが予約できます。事前に予約しておくと、席もいい席を予約できる確率も高いです。

映画チケットは、インターネットで事前予約!席も指定しておくことでいい席を確保します。

映画選びのコツ

映画はできるだけ静かに見たい派なので、映画の内容も厳選します。

映画も外国版であれば吹き替えよりも字幕を選んだり、劇場も収容人数がほどほどの規模をできるだけ選びます。

すいている時間は午前中

何年か続けて見た結果、午後よりも午前中の方が映画館もすいていて見やすかったです。

著者は郊外のシネコンに行くことが多いのですが、お正月は午後から初売りや福袋購入などの買い物に出かける家族が多いから午前中の方がすいているのだと思います。

そのため、空いている時間帯を狙うなら午前!初詣に行ったすぐに映画館に行くと効率よく見ることができます。駐車場も午後より午前の方が空いているので駐車しやすいです。

すいている時間帯は午前中!すいている時間帯を選んでゆったり見ることができます。

アドバイス

1月1日は映画を見るとあらかじめ決めておくことで、空いた時間帯で静かに見ることができます。

突発的に映画に行くのではなくて「1月1日は映画を見る!」と決めておくのがおすすめです。

混む時間帯を避けてゆったり映画を見るのがおすすめです。

おわりに

初詣に行った後、どこかにでかけたいと感じた時に映画というのもまたいいものです。

ただ、楽しむためには準備も必要です。事前からチケットを予約しておいたり、予定を組んでおくことでよりお正月の映画を楽しむことができます。

(photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130111142459 50efa22bb24fe

本記事は、2013年01月13日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る