生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 初心者がキャバクラで余裕をもって楽しむ方法(オーダー編)

初心者がキャバクラで余裕をもって楽しむ方法(オーダー編)

2010年10月18日作成

 views

はじめに

キャバクラに行って、一番どうしたらいいのかわからないこと、そして一番不安なのが「オーダー」だと思います。

女性がどんどんお酒を飲み始め、その隣で滝のような汗をかいてしまわないように、今回はぜひ確認しておきたいオーダー方法をご紹介したいと思います。

女性のドリンクについて

一見で入った場合、ハウスボトルを飲むことになると思います。ハウスボトルというのは、ボトルを入れていないお客様用の、お店で用意されたボトルです。そのドリンク代込みで一時間いくら、というところが多いでしょう。

それではその際、女性は何を飲むかというと、お店によってそれぞれですが、
- ハウスボトルを一緒に飲む(普通はタブーとされている)
- お茶などの、女性用ドリンクを飲む(料金に込まれたセットのもの)
- 女性が自分で飲みたいものをオーダーする
大体、この3つです。

上記二つは料金に込まれているので問題ありません。

もし、女性が自分で「何かオーダーしてもよろしいですか?」「ご一緒に私は○○をいただきたいのですが、注文してもいいですか?」と聞かれた場合は、別料金がかかります。

その女性が自分の指名の場合や、お金に余裕がある場合、気分が良い場合はぜひ一緒にメニューを見ながら注文してあげてください。(メニューを見れば、大体何がいくらなのかが分かります)

女性もお酒が入ることによって、テンションも上がり、結果、楽しい宴が華やぐことになるでしょう。

しかしながら、相手が気に入らない場合や、節約したい場合は、無理にその要望に添えなくても構いません。丁寧に「ごめんなさい、今日は持ち合わせがないので…」などと言って断ってもいいでしょう。

ただし、本指名の女性がいた場合は、オーダーがその女性の成績につながる場合もあります。詳しくは本指名の女性にシステムを聞いてみましょう。

何も知らずに女性のオーダーを「いいよいいよ」とOKしていたら、お会計がものすごい金額になってしまったという例もあります。くれぐれも、女性が「今何を頼み、それがいくらの飲み物なのか」ということをチェックし忘れないようにしてください。

さいごに

できれば、女性のオーダーの金額を気にせずに飲めるように余裕をもってお店に行きたいものですが、女性も仕事ですので、時には驚くようなボトルをすすめてくることもあるかと思います。

そんなときは笑い飛ばし「NO!」と言える勇気をもちましょう。

女性は、お客様に楽しんでもらうことを一番に考えています。無理にすすめることは絶対にしませんから、安心してください。それでもすすめてきたら、帰ってしまいましょう。

この記事で使われている画像一覧

  • 20101018175838

本記事は、2010年10月18日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る