生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon cook料理

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 洋風だし(コンソメ)の開封前と後の保存方法

洋風だし(コンソメ)の開封前と後の保存方法

2013年10月29日更新

 views

お気に入り

はじめに

調味料の保存は開封前と開封後で異なる場合があります。毎日の食卓を美味しくしてくれる調味料ですが、実際の保存方法がわからないという方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、著者が実際に行っている洋風だし(コンソメ)の保存方法をご紹介します。

開封前の保存方法

開封前の洋風だし(コンソメ)は、常温でこのように保存しています。

シースルーになっているコンテナを用意し、調味料類をまとめることで、ストックが一目でわかるようにしています。

開封後の保存方法

開封後の洋風だし(コンソメ)は冷蔵庫で保存しています。

STEP1 クリップやセロハンテープで口を留める

袋などに入っている使いかけ調味料を冷蔵庫の中で保存しておく時には、クリップやセロハンテープを利用して口をしっかり留めます。

こうすることで、冷蔵庫の中で調味料がこぼれることもなく、衛生的に保存できると思います。

STEP2 冷蔵庫のポケットに保存する

洋風だし(コンソメ)はこぼれないように立てて保存します。

写真のように冷蔵庫のサイドポケットに保存しておくと、使いかけ調味料が一目瞭然です。

こだわりポイント

個包装になっているコンソメを使うことで、鮮度も落ちにくいですし、開封しなければ長期保存ができるので便利です。

できるだけ小さめのクリップを用意し、ジャストサイズで口を留めることができるようにしておくと、保存の際かさばらず重宝しています。

また、キッチンにはセロハンテープを常備しておき、いつでも口が留められるようにしていることもポイントです。

注意点

小さい個包装になっていますので、使いかけがどこにいったのかわからなくなりやすいです。

冷蔵庫の中でも、使いかけを置いておく場所はいつも同じところにして、古いものから使いきれるようにする工夫が必要です。

おわりに

いかがでしたでしょうか?使う人数、使う頻度を考えてそれぞれの家庭に合った調味料を選びたいものですね。

この記事が皆さまのお役に立てば幸いです。

(photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130109161521 50ed1909b68e9
  • 20130109155119 50ed136775b99
  • 20130109160529 50ed16b936804
  • 20130109163006 50ed1c7e545de
  • 20130109160529 50ed16b936804

本記事は、2013年10月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る