生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon businessビジネス・経済

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 真っ先に読みたくなるメール件名のつけ方5つ

真っ先に読みたくなるメール件名のつけ方5つ

2016年05月11日更新

 views

お気に入り

はじめに

心を打つメールを書くために大切なファーストステップはなんでしょうか?

それは「件名(タイトル)」です。件名に興味が持てなければ、メールが多いこの時代、なかなか読んでもらえません。

メールの件名を少し工夫するだけで、「読みたい」と思わせるものにすることができます。そこで、具体的にどんなタイトルをつければ、相手の心をつかむか紹介してします。

その1:「お待ちかねタイトル」

待ち合わせ・会議・飲み会のお知らせなど。日時の打ち合わせをするときのメールタイトルの例です。

待ち合わせ編

  • 「一郎さんとお会いできるのが本当に楽しみです!」

会議の打ち合わせ編

  • 「企画会議からすべてが始まる!運命の一日」

飲み会

  • 「仕事の後の一杯!心を熱くする飲み会のお知らせ!」

コツは、ポジティブで明るい雰囲気になるようなタイトルにすることです。

日時や場所の指定の話はどうしても無機質になりがちですよね。ちょっとクサいくらいの明るさのほうがちょうどよかったりします。

その2:「にっこりタイトル」

にっこりタイトルとは、愛嬌たっぷりにつけて、思わずクリックさせるようなタイトルの仕掛けです。

お客様との打ち合わせあと

  • 「このご縁に、感謝の気持ちで胸がいっぱいです」

友人に会いたくなったら

  • 「もういてもたってもいられなくなってメールします!」

お礼のメールには

  • 「この喜びをどう伝えればよいかわかりません!」

このように、遊び心をくすぐる子供のころに戻ったような感覚で書いてみてください。相手はわくわくドキドキしながらあなたのメッセージを読むことになります。

その3:「抜き出しタイトル」

メッセージに書く内容の書き出しをタイトルにしてしまう方法です。

基本的には末尾を「・・・」にします。

  • 「社長!お聞きしたいことが・・・」

  • 「いやー、まさかこんなことが起きるなんて・・・」

  • 「昨日はありがとう!実はあの後・・・」

こんなタイトルのメールをもらったら、続きを読まないわけにはいきませんよね。迷惑メールぽくならないように、相手にとってなじみのある話題にするのがポイントです。

その4:「女性の心をわしづかみタイトル」

女性にメールを送るときに、好感度を10倍アップさせる秘策タイトルです。

たとえば、あなたの友人の松田セーコさんにメールを出す時のタイトル。

  • 「松田セーコさんがしあわせになるメールです!」

こんなメールをもらったら、気になりますよね。相手の女性はすぐにクリックして続きを読んでしまいます。

もちろん内容は相手がしあわせになるような内容にしましょう

その5:「世界の車窓メール」

出張や旅行が多い人にオススメのタイトルです。

  • 「ロサンゼルスから浅野がお伝えいたします!」

こんなタイトルのメールが来たらちょっとワクワクしませんか?「いいなあ、旅行にいきたいなあ」と思って開いてくれるかもしれません。

おわりに

現代人は非常に多くのメールを受け取っています。無機質なメールの中に、こんなメールのタイトルがあったら目をひきますよね。

是非ともおためしください!

この記事について

この記事の内容は

たった1通で人を動かすメールの仕掛け(浅野ヨシオ)

から抜粋の上、掲載しています。

こちらもどうぞ

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130707161017 51d91459d84ce

本記事は、2016年05月11日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る