生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon travel旅行・おでかけ

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. ドバイに行くなら外せない!フライデーブランチを満喫するコツ

ドバイに行くなら外せない!フライデーブランチを満喫するコツ

2013年10月29日更新

 views

お気に入り

はじめに

ドバイへ観光へ訪れる方に、ドバイらしい体験としてお勧めしたいのが、豪華なフライデーブランチです。
在住歴のある筆者が、典型的なフライデーブランチの一例をご紹介します。

フライデーブランチとは

イスラム国家であるドバイの週末は、金曜日と土曜日。金曜日は休息日であり、午前中はお祈りに出掛けます。ですから、金曜日の午後に特別なブランチを提供するホテルやレストランが多いのです。

とはいえ、ブランチはイスラム古来の習慣ではなく、あの独特のバブリーさと、多くの欧米系駐在員の存在により、ドバイに定着したユニークなもの。だからこそ、観光客にとってはドバイらしい体験になると思います。

フライデーブランチの形態

コースやセットミールのブランチを提供するレストランもありますが、もっとも一般的なのは、ビュッフェ形式。金曜日は数多くのホテルダイニングが豪華なブランチビュッフェを用意します。

また、ソフトドリンクのみ、ビールやハウスワインなどのアルコール付、シャンパン付、など、オプションも様々です。

フライデーブランチの内容

ここでは、ドバイらしい華やかさのあるブランチの一例として、インターコンチネンタルホテル『Anise』のフライデーブランチの内容をご紹介します。

1.前菜、サラダ

アラブ料理の前菜や、ロブスターや蟹などのシーフードが人気。サラダやパンも目移りするほど種類豊富に揃っています。

ドバイでは寿司や刺身も人気です。砂漠の地なのに、意外なほど新鮮で美味しい刺身に出会うことも。

ドバイのビュッフェでは、寿司や刺身は前菜として扱われることが多いです。

2.メイン

アラブ料理から、釜焼きの焼き立てピザ、BBQ、地中海からアジア料理など、インターナショナルな品揃えです。

シーフードやステーキ、グリルは、素材を選び、その場で料理方法や味を注文すると、出来上がったものをテーブルまで運んでくれます。

この日はフォアグラがあったので、焼いてもらいました。ロブスターのビスクが添えられ、桃のチャツネと共に美しく盛り付けられて運ばれてきました。

3.ドリンク

『Anise』はスパークリングワインが飲み放題です。グラスが空く前に注ぎ足されるので、どれだけ飲んだかわからなくなるのが難点。

カクテルやフルーツジュースも作ってくれます。コーヒー、紅茶も含まれているので、カプチーノなどを注文してもOK。

4.デザート

デザートビュッフェも充実。『Anise』ではピンク色がテーマなかわいらしいデザートが集められていました。

チョコレートファウンテン、アイスクリーム、マカロンやフルーツ、その場で焼いてくれるワッフルやクレープもあります。各種チーズも揃っています。

料金は、ひとり395AED(約9500円)。詳細はインターコンチネンタルホテルHPからお問い合わせください。
5つ星ホテルのアルコール付きビュッフェは、大体350〜495AEDくらいが相場です。

おわりに

フライデーブランチは、いかにもドバイらしい豪華さです。旅の良い思い出になるのではないでしょうか。

筆者の経験に基づいた2013年1月現在の情報です。

(photo by 筆者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130109094950 50ecbeaecf5fc
  • 20130109175225 50ed2fc99006c
  • 20130109135629 50ecf87d20361
  • 20130109175101 50ed2f75e5984
  • 20130109174958 50ed2f36a3778
  • 20130109174748 50ed2eb41ae77
  • 20130109174656 50ed2e803b857

本記事は、2013年10月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る