生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon travel旅行・おでかけ

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 最速でアフリカを縦断する方法

最速でアフリカを縦断する方法

2013年10月29日更新

 views

お気に入り

いざアフリカへ!

「アフリカに行きたい!でも時間がない!」

という方に朗報。実は3週間あれば、アフリカは縦断できます(体験談:もしかしたら2週間)。

以下にルートをご紹介しますが、こちらは筆者が体験した一例です!実際に計画する場合は現在の情勢や交通事情を充分調べた上で計画してみてくださいね。

エジプトからスタート(2日間)

まずはエジプトのカイロに入りましょう。カイロは、1wayの航空券(片道航空券)でOKですので、片道切符で入りましょう。往復でもいいですがもったいないですよね。

こちらに関しては最新情報をご確認ください。

カイロから電車で南のアスワンまで向かいましょう。アスワンからは、スーダンのワジハルファまで船が出ています。陸路でスーダンに入るには、この方法がベストです(他の方法は知りません)。ただし、船は週に1便だった記憶があるので、ご確認下さい。また、船は1日~2日ほどかかるので、水は大量に持ち込みましょう。

確か寝るのはベンチしかなかったので相当体力を削られます。また旅行者は殆どいません。くじけず頑張りましょう。

なおスーダンビザは日本で取り忘れた場合、カイロで取得しましょう。

スーダン(3日間)

ワジファルファから、スーダンの首都ハルツームまで向かいましょう。バスで数日かかります。バスとはいえ日本でいう1950年代ごろのバスなので砂が窓からじゃんじゃん入ってきます。椅子は直角です。泣きたくなりますが、水分がもったいないので気をつけましょう。

また砂漠の国なので、ひたすら喉が渇きます。私は水を飲み果たし雨水を溜めている瓶に入っている水を飲んでいました。エチオピアのビザはカイロよりもハルツームの方がとりやすいという話もあり、また国境でもとれるという話もあります。

ビザの状況は流動的ですのでお気を付け下さい。また、エイリアンオフィスにてレジストレーション(外国人登録)する必要もあります(当時)。アフリカはこのような特殊なルールがあるので気をつけ下さいね。

ハルツームからは、さらにバスでゲダレフという町に向かいます。ゲダレフからは長距離トラックに乗り込んで、ガラバートという国境の町へ向かいましょう。確かバスはありません。

エチオピア(4日間)

エチオピア側の国境の町メタマから、次はシャハディ、そして、ゴンダールバハルダールとバスを乗り継いでいきましょう。そして、そこからついにエチオピアの首都アジスアベバへバスで向かいます。

なおエチオピアは通称「腐ったピザ」と呼ばれるインジェラというものが主食です。実際、スゴい匂いがしますので、1度体験してください。あとは、エチオピアはコーヒー発祥の地ですので「コーヒーセレモニー」という儀式が有名です。現地の人が風流にコーヒーを炒って入れてくれます。一見の価値あり。

なお、こちらエジプトのアスワンからアジスアベバはかなり距離があります。1週間移動ばかりということになっても不思議ではありません。

また、観光地も少なく、砂も多く、心が折れそうになります。でも、この2大国を超えると、大分楽になるので、まずはこのサバイバルを楽しんで下さい。

ケニア(3日間)

あとは、エチオピアの国境、モヤレへ向かい、そこからケニアの首都ナイロビに向かいます。

ナイロビは東アフリカの中でもっとも発展している都市の1つです。以前よりましになったとはいえ、治安が悪いので気をつけましょう。

また、サファリとしても有名なので観光を楽しむのもいいかもしれませんね。またケニアからはウガンダに行ってもいいでしょう。ビクトリア湖経由でタンザニアに入ることができます。

タンザニア(3日間)

タンザニアのビザは国境で取得できます。首都はダルエスサラーム(実質上首都と言われています。法律上の首都はドドマ)。そこからは有名な「タンザン鉄道」という電車で2日から3日をかけてムベヤまで。ザンビアに行っても可能ですが最短を目指す人はムベヤからマラウィに向かいましょう。

またパッカーに人気のザンジバル島もありますので余裕があればよってみましょう。

マラウィ(2日間)

ムベヤからマラウィの首都リロングウェはスムーズに行けると思います。そして、すぐにジンバブエへGO!

こういうと語弊があるかもしれませんがマラウィは他の国に比べると見所は少ないです。

ジンバブエ(2日間)

ジンバブエのハラレは、リロングウェの国際バスでも行くことができます。

ジンバブエの見所はグレートジンバブエ遺跡などがありますが、それよりも破綻した経済がインパクトがあります(見所というと間違った表現になってしまいますが文化的差異をもっとも感じれる点です)。

南アフリカ共和国(2日間)

そして、ジンバブエから、最後の南アフリカ共和国のヨハネスバーグもバスが出ています。南アフリカ共和国は都会ですので、ここまで旅行されたあなたですと問題なく到着することができるでしょう。

ただバス停の外に出ると危険なので、そのまま空港に向かいましょう。

余裕があればケープタウンにいってみると、風光明媚な雰囲気に心安らぐかも。

いかがでしたでしょうか?

上記のルートは1例ですが、最速3週間前後で縦断ができます(私は確か15日でした)。年末にお休みを貯めて、一気にアフリカ縦断はいかがでしょうか?

(Photo by http://www.ashinari.com/2009/04/28-018261.php)

この記事で使われている画像一覧

  • 20091113041112

本記事は、2013年10月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る