生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon travel旅行・おでかけ

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. サンフランシスコの気候と服装について

サンフランシスコの気候と服装について

2013年10月29日更新

 views

お気に入り

はじめに

著者は、アメリカのサンフランシスコに在住して3年目に入ります。今回は、著者の経験を元にサンフランシスコの気候と服装についてご紹介します。

サンフランシスコの気候と服装

サンフランシスコの気候について

サンフランシスコの気候は、日本のようにはっきりとした四季がありません。基本的に日差しが強いが、風も強く1年中上着が欠かせません。人気観光スポットのゴールデンゲートブリッジやフィッシャーマンズワーフは、海沿いのため、観光の際は、時期を問わず上着が必要です。

また、11月から2月は日本の冬ほどではありませんが、とても寒く厚手のコートや帽子、手袋なども必需品です。

また、夏は8月よりも9月や10月のほうが、夏らしい日が多いのも特徴です。それでも、日中は暑いが、朝方や夕方はひんやりすることが多いので、つねに、上着を持ち歩きます。

基本的にサンフランシスコは、常に上着を持ち歩いて行動します。寒いと思ったら、次の日は暑いなど気候がコロコロ変わります。

サンフランシスコ周辺の気候について

サンフランシスコから車で1時間ほど走ると、ワイナリーで有名なナパやシリコンバレーで有名なサンノゼがあります。この地域は、5月から9月の間は、日差しが強く、とても暑ひ日が多いです。そのほかの冬の季節もサンフランシスコほどは寒くならないので、比較的すごしやすくなります。

日差しが強い日が多いので、サングラスが必需品です。

サンフランシスコでの生活

著者は、生活する前までサンフランシスコは、1年中暖かいとおもっていたのですが、寒い日が多いのでとてもびっくりしました。町には、ダウンを着た人もいれば、タンクトップの人もいたり、季節感もバラバラです。

1週間のうちに暑い日も寒い日もちょうどよい気候などいろいろ訪れます。また、青く透き通った空の日もあれば、霧がかかった日もあり、とにかくコロコロ変わるのが特徴です。

基本的には、1年中日本の秋ころのような服装が多いです。

おわりに

サンフランシスコは、アメリカの中でもとても風情がある町で、観光スポットもたくさんあるので、観光にとてもお勧めです。また、坂が多いので、女性は、ヒールは避けたほうがよいと思います。

観光の際は、ぜひ参考にしてください。

(photo by 足成

この記事で使われている画像一覧

  • 20121207081113 50c126117c722

本記事は、2013年10月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る