生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon family家族・人間関係

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 病気の人を励まして元気にできる3つの言葉

病気の人を励まして元気にできる3つの言葉

2015年03月03日更新

 views

お気に入り

はじめに

病気のひとといっても、自宅で普通に暮らしながら通院している方もいます。そんな方に「自分は○○の治療中なんだよね」と言われたときに、相手を励まして元気にできる3つの言葉をご紹介いたします。

こちらの記事もご参考ください。
感謝の気持ちが大事!快気祝いギフトの贈り方

病気の人を励まして元気にできる3つの言葉

「気分転換の相手ならいつでもなるよ」

相手は自分が病気だということで、家にこもりがちになっているかもしれません。そんなひとにとって、お友達と会ったりどこかへ行くことは特別なことです。

いつも誘ったら迷惑じゃないかな?

そうおもって、なかなか誘えなかったりもします。ですから、

気分転換の相手ならいつでもなるよ。いつでも気軽に誘ってよ

と言ってあげましょう。

もし都合があって誘いを断らなければならないときは、「○日なら都合がいいんだけれど、変更できる?」と次の約束を自分からするようにしましょう。

相手が遠慮して連絡してこなくならないように気を使ってあげましょう。

「あなたといると楽しいからこれからもよろしくね」

病気だと弱気になるものです。

自分といて楽しいのかな?

と、いろいろ考えてしまうものです。ですから、

あなたといると楽しいからこれからもよろしくね

と明るく伝えてあげましょう。自分が求められる存在だと感じると、病気の方は元気になります。

「困ったことがあったら何でもいいから言ってね」

病気の種類によってはなにか手助けが必要なときがあるでしょう。家族がいれば家族に頼めるでしょうが、一人暮らしのひとはいろいろ困ることがあるでしょう。

また、家族と一緒にいても、家族には頼めない事柄というのもでてくるかもしれません。病気の人の生活ではふとした困ったことというのが出てくるものです。

困ったことがあったら何でもいいから言ってね

一言、伝えておいてあげましょう。その言葉をもらっただけでも、相手はとても励まされるとおもいます。

おわりに

病気のひとも健康なひともおなじ人間であることは変わりがありません。もし自分が病気になったらどんな言葉をかけてほしいだろう? 

そんなことをちょっと考えるだけでも、病気の人を励まして元気にできる言葉がどんどんうかんでくるとおもいます。

この記事で使われている画像一覧

  • 20101016105422

本記事は、2015年03月03日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る